北京ダックや鮑、フカヒレも食べ放題--ホテルバイキングで脇屋シェフの味を

写真拡大

パンパシフィック横浜ベイホテル東急(横浜市西区)は8月1日、同ホテル内中国料理「トゥーランドット 游仙境」にて、毎夏の人気企画「サマーナイトブッフェ」を開催する。

8月22日まで。

夏休みの恒例という同企画だが、今年はホテル開業15周年を記念しさらに充実した内容にグレードアップして開催するという。

20種類の前菜バイキングの後は、オーナーシェフ・脇屋友詞氏が誇るグランドメニュー約100種類の中から好きなものを好きなだけ食べられるオーダー式バイキングを展開。

注文後に調理するため、「北京ダック」や「フカヒレのスープ」といった豪華メニューもできたてを堪能できるという。

メイン料理の後は自慢のチャイナデザートをバイキングで好きなだけ食べられる。

ブッフェの提供時間は、ディナータイムの18時30分〜20時30分(ラストオーダー)。

2時間制で要予約。

料金は大人8,000円(前売6,800円・ワンドリンク付き)、小学生4,800円(前売2,000円・ワンドリンク付き)、幼児〜小学生未満1,000円(前売無料・ワンドリンク付き)。

前売り券の販売は7月31日まで。