株式会社エヌジェイは、人体に有害とされる電磁波からユーザを守ると同時に、シグナル強度の改善も実現する『ポング電磁波対策ケース』を発売した。

デバイスとユーザを守る保護ケース
スマートフォンや携帯電話などのデバイスは、動作の際に微弱な電磁波を発生する。世界保健機関(WHO)が2011年5月に携帯電話の電磁波を「人体への発癌の可能性がある」と分類して以来、多くの関心を集めている事項である。

本製品は、電磁波対策が成された保護ケースだ。ポングリサーチコーポレーションが特許を持つアンテナ技術により電磁波の放出方向を変え、ユーザの頭部や身体に吸収されるのを防いでくれる。

また、ユーザによって吸収されるはずだった電磁波を活用することで、シグナル強度を高める効果もある。さらに、電波を効率的にキャッチできるようになり、バッテリ寿命も伸ばすことができるのだ。

本製品の使用により、電磁波吸収量を最大96%軽減、信号強度を約46%向上、約1.38時間の使用時間延長が可能になるのだという。

製品バリエーションとして、iPhone用、BlackBerry用、GALAXY SII用、GALAXY nexus用、iPad用が用意される。なお、価格は6,980円(税込)〜となっている。


Editor's eyes
電磁波が体に良くないことは分かっていても、スマートフォンや携帯電話を体から離して使うのは難しい。しかし、本製品を使用すれば、効果的に電磁波を防ぐことができるのだ。

▼外部リンク

詳細ページ