熊本県の名城・熊本城、夏休みは開園時間延長で夜間も見学可能に

写真拡大

熊本城の開園時間は、4月〜10月が8時30分〜18時00分(入園は17時30分まで)、11月〜3月が8時30分〜17時00分(入園は16時30分まで)だが、7月21日〜8月31日の夏休み期間中に限って、午前8時30分から午後8時までと開園時間が延長され、夜間の見学も可能になるという。

ただし、夜間延長で入園できるのは頬当御門からで、天守閣・本丸御殿のみ入館となるが、通常の入園料が高校生以上500円、小・中学生200円ところ、期間中は午後5時以降、高校生以上200円、小・中学生10円かなりお得だ。

午後5時以降浴衣で入園は無料といううれしいサービスも。

熊本城の夜間延長に合わせて、今年3月にオープンした「桜の馬場 城彩苑」も午前8時30分から午後7時30分(入館は午後7時まで)と開館時間が拡大。

ここは、熊本城をはじめ熊本城下の歴史や加藤清正の熊本での業績を体感できる歴史文化体験施設「湧々座(わくわくざ)」と熊本郷土料理とここでしか味わえない逸品をと取りそろえた「桜の小路」が建ち並ぶ。

「桜の馬場・城彩苑」は熊本城散策の新たな観光スポット・休憩所で、時間延長で、夜の熊本城がより一層楽しめるようになるわけだ。

さらに、夏休み期間中の7月21日から8月31日まで毎日、「熊本城おもてなし武将隊」が熊本城を案内するツアーも開催。

午後6時から1時間程度、熊本城の頬当御門前から出発して天守閣前を通り、城彩苑まで向かうコースで、途中、加藤清正の家臣に扮(ふん)したおもてなし武将隊が加藤清正の功績や熊本城の石垣、櫓(やぐら)などについて紹介してくれるというもの。

参加費は無料で、熊本城の入場料が別途必要とのこと。

ツアー参加者にはノベルティーのプレゼントがあるそうだ。

城作りの名手と謳われた藤堂高虎・加藤清正によって築城された名古屋城、大阪城に並び、日本三大名城の一つに数えられる熊本城。

その美しい景観が夜間のライトアップで、またひと味違うものになりそう。

ぜひ、夏だけしか味わえない夜の熊本城を体験してみてはいかがだろうか。



続きを読む