ニコニコ”町”会議の詳細が明らかに、そして「ニコニコ超会議」の赤字は4億7千万円で来年も開催へ

写真拡大

ニコニコ動画、ニコニコ生放送などの動画サービス「niconico」を運営するドワンゴは18日、六本木のライブハウス・ニコファーレで記者発表会を行い、「ニコニコ町会議 全国ツアー2012」の詳細、および今年4月28日、29日に開催した「ニコニコ超会議」の最終赤字金額が4億7,081万25円になったことを報告した。

また、来年の4月27日、28日に幕張メッセにて「ニコニコ超会議2」を開催するという重大発表も行われた。

ではそれぞれの発表内容を詳しく紹介していこう。

まずは「ニコニコ町会議 全国ツアー2012」だ。

これはニコニコ超会議で発表された企画で、町(ちょう)会議と読む。

無論、超会議にかけたダジャレであり、おそらくこの言葉の響きから話が盛り上がった結果の思いつき企画だと思われる。

これがいつもの”ドワンゴ流”だ。

しかし、どんなにスタートがバカバカしいものでも、その思いつきを本当に実行してしまうところがドワンゴのドワンゴたる所以。

ちなみに町会議とは、超会議の縮小バージョンで、日本各地の「町」にニコニコカー(ニコニコ動画のイベントで使われることがピンクのワゴン。

もちろん元ネタはアレ)でお邪魔し、そこで開催されているお祭と併催することで地方を盛り上げようという趣旨の「移動式文化祭」。

行き先となる町はユーザーからのメール応募で決定したとのことだが、「町」というところがポイントで、あまり大きな都市は最初から対象外となる。

その結果、4,400通ものメールから選ばれたのは次の5つの町である。

7月29日(日) 鳥取県 八頭町 「きらめき祭」8月5日 (日) 佐賀県 唐津市呼子町 「水光呼子港まつり」8月11日(土) 北海道 長万部町 「飯生神社例大祭」8月16日(木) 福島県 三春町 「三春盆踊り」8月30日(木) 東京都 八丈島(八丈町) 「離島甲子園」ではそれぞれの詳細を紹介していこう。

町会議の出発地点となる鳥取県 八頭町は甘柿の里として知られる人口1万8,000人ほどの町だ。

近くにある鳥取市の白兎海岸には、神話に語り継がれる「因幡の白兎」伝説が残っており、その関係で八頭にも白兎に関係する寺社仏閣が多い。

中でも成田山青龍寺の白兎神社社殿に彫られた「波うさぎ」は有名だ。

この八頭町で開催されている夏祭、「きらめき祭」にニコニコ町会議がお邪魔することになる。

なお鳥取県は日本一ニコニコ動画ユーザーの少ない県で、その会員数は8万人とのこと。

夏野氏は「この人数は台湾はもちろん、香港のニコニコ動画ユーザーよりも少ない。

今回の町会議でニコ動ユーザーの掘り起こしを狙う」との意気込みを示した。

ここではニコニコ動画の人気ユーザー、じゅん☆じゅん、ぽこた、まっくす、てぃ☆イン、AKINA、うー、百花繚乱が参加する。

続いては8月に突入して最初の町会議となる佐賀県 唐津市呼子町だ。

漁業が盛んで、日本三大朝市の一つに数えられる「呼子朝市」で知られる呼子町は、特にイカの産地として有名だ。

毎年「水光呼子港まつり」を開催しており、約1万2,000人を集客する。

祭りのフィナーレを飾る花火大会ではイカの形をした花火が打ち上がるなど、他の祭りにはないユニークさが売りだ。

ニコニコ町会議が参加するのはまさにその最終日。

花火大会と共に呼子町を盛り上げる。

ここではニコニコ動画の人気ユーザー、ぶいら、よーらい、めろちん、町田とし子、百花繚乱が参加する。

その6日後には、一気に場所を北海道へと移し、北海道 長万部町で 「飯生神社例大祭」にニコニコ町会議が参加する。

酪農と漁業が盛んな町だが、インターネットユーザーにとってはゆるキャラ「まんべくん」の印象の方が強いかもしれない。