幼児2人乗せ運転、適合自転車と一般自転車とでは安全度がこんなに違う!

写真拡大

日本自動車連盟(以下JAF)は、幼児を2人乗せて運転する際の適合自転車と一般の自転車の安全性を比較するテストを実施。

その結果をホームページに公開した。

現在、自転車の荷台などに幼児を2人乗せることは法規違反となっているが、平成21年7月の改正により、フレームやブレーキを強化した「幼児2人同乗基準適合車」は、2人乗せが可能となっている。

しかし、「規則を知らない」「適合自転車が高価」などの理由で、依然として一般的な自転車に幼児を2人乗せて走行している人は多い。

そこでJAFは、安全性を検証する走行テストを行った。

テストはそれぞれの自転車に3歳児(15?)と6歳児(20?)を想定したダミー人形を乗せ、女性モニターが走行。

その結果、適合自転車は「ブレーキ時の制動距離」、「走行時のふらつき」、「スタンド駐車時の安定性」の3点全てにおいて安全性の高さが確認された。

テスト画像は「JAFチャンネル」で公開している。

JAFでは幼児を2人乗せて走行する際には、法規にのっとって安全性の認められた適合自転車を使用するとともに、適合自転車でも過信せず、車重が増える分、より慎重に運転するよう呼びかけている。