外国人から見た日本 (7) これを食べるの? 外国人が驚く日本の食べ物

写真拡大

外国の人が日本に来て、驚くことのひとつとして挙げられるのが「食事」。

私たちが普段当たり前のように食べている食材でも、外国の人が見るとびっくりするものがあるようです。

そこで、外国人20人に、日本に来て驚いた食べ物について聞いてみました。

「納豆」(シリア/男性/30代前半)、「生魚」(ウクライナ/女性/30代前半)は、よく外国の方が苦手なものとして挙げられますが、そのほか「これを食べるの?」と驚いたという食べ物をご紹介します。

■ちりめんじゃこ「日本に来てすぐに、同僚の弁当にあったちりめんじゃこを見て、少しゾッとしました。

ちりめんを見たら、それぞれのちりめんの目が見えてかわいそうに思いました。

しかし、私はちりめんじゃこがだんだん食べられるようになりました」(アメリカ/男性/30代前半)あの小さくてつぶらな瞳と目があうと、確かにかわいそうな気持ちにはなりますが、カルシウムがたっぷり含まれていてとっても体にいいですよ!■焼きそばのサンドイッチ「焼きそばはめん類なのに同じ炭水化物のパンに挟んで食べるのはどうだろうと思いました」(ブラジル/女性/50代前半)確かに、炭水化物に炭水化物という組み合わせは、日本人でもたまに疑問に思うことはあります。

でも、なぜかおいしいんですよね。

■わさび「初めて食べたとき、友達に体にいい葉っぱといわれた。

わさびを全部1回で食べて、次の日に熱が出た」(マリ/男性/30代前半)わさびには抗菌作用があるので、体に良いといえば良いですが……食べすぎがよくなかったかもしれませんね。

■焼きもち「初めて日本に来た時、道で焼きもちをもらいました。

食べるのがちょっと変な感じでした」(スウェーデン/男性/30代後半)アジアではおもち料理があるところが多いですが、ヨーロッパの人からするとちょっと驚きの光景だったかもしれませんね。

■スッポン鍋「料理人さんが目の前で生きたスッポンの首を切り、鍋に入れて調理する様子を目の当たりにしすごくショックだったのを覚えています。

鍋の中にスッポンの手足もそのまま入っているのが不気味で仕方がありませんでした」(ドイツ/男性/30代後半)スッポン自体はフランスや中国などでも使用されているそうですが、さすがに目の前で調理されると驚きますね。

見た目の強烈さから、日本人でも苦手な人が多いんじゃないでしょうか。

■こんにゃく「かんでも味がない変な食べ物と思いました」(スイス/女性/50代前半)そのまま食べるとあまり味がないですけど、おでんに入れるとかみそをつけたらおいしくいただけますよ。

■おにぎり「私の国ではご飯があたたかくないと誰も食べません。

誰もおいしいと思いません。

基本的にあたたかいご飯にシチューをかけてたべるのですが、初めて日本のコンビニではご飯を冷蔵庫に並べているところを見ると「えっ!!」と思いました」(イラン/女性/20代後半)冷めたご飯を食べる習慣があるのって、日本だけなのでしょうか。

特におにぎりは、冷めてもおいしくいただけるし、持ち運びも便利。

日本人にとっては、非常になじみ深い食べ物です。

■生卵「生卵をそのまま御飯の上にのせて、しょうゆを掛けて、食べることです」(中国/女性/20代後半)日本にはたまごかけご飯専門のお店があるくらい、人気のメニューです。

でも、外国には卵を生で食べる習慣がないようなので、まさに日本特有の食べ方かもしれませんね。

外国の人からみたら驚く食べ物は、このほかにもいろいろありそうですね。

もしかしたら、豆腐やみそ汁とかも、苦手な方が多いかも? 食文化の違いって面白いですね。



続きを読む