優秀作品は米国スミソニアン博物館に展示! 「自然フォトコンテスト」開催

写真拡大

ネイチャーズベストフォトグラフィージャパンは、世界二大フォトコンテストの一つである米国“ネイチャーズベストフォトグラフィー”の監修のもと、2012年から「ネイチャーズ・ベスト・フォトグラフィー・ジャパンフォトコンテスト」を開催する。

同法人は激動の日本における現在の自然の姿を世界へアピールするとともに、より多くの人たちに自然の大切さを感じ、関心をもってもらうことを目的に設立された。

「日本の自然」が写された写真を通して、そこにある日本人の「心」を伝えていくことを使命としているという。

このほど同法人は、「ネイチャーズ・ベスト・フォトグラフィー・ジャパンフォトコンテスト」を開催することを発表。

審査員にはネイチャーズベストフォトグラフィー(米国)のCEOのスティーブン・フレリー氏、米国内で数多くのフォトコンテスト審査員を務めるチャールズ・ビーチ氏を迎えて実施する。

同コンテストは日本に住む全ての人(ただし、プロのカメラマンを除く)を対象とし、被写体は「日本の自然」。

建物・人物が映っていない写真に限定する。

カメラ機材は問わず、カメラ付き携帯電話、スマートフォンで撮影した写真でも応募可能。

応募は11月30日まで、公式WEBサイトで受け付ける。

エントリー費は3,000円。

グランプリの発表は2013年1月。

グランプリ作品ほか優秀作品は、2013年6月からアメリカ・ワシントンDCにある世界最大級の博物館「スミソニアン国立自然史博物館」で展示される。

グランプリ・準グランプリには賞金のほか、スミソニアン国立自然史博物館ツアーの副賞付き。

高校生グランプリ1名にも、スミソニアン国立自然史博物館ツアーに招待する。

同コンテストの詳細は公式WEBサイトで案内している。