日本の目の定期健診率、先進諸国を含む世界11カ国中最下位 - ボシュロム

写真拡大

ボシュロムは日本を含む世界11カ国(ブラジル、中国、ドイツ、フランス、インド、イタリア、日本、ロシア、スペイン、イギリス、アメリカ)の1万1,000人を対象に、目の健康に関する意識と習慣について調査を実施。

このほど結果を公表した。

まず、目の定期健診について調査。

定期的に目の検診を受けていると回答した日本人は49%と、調査対象国の中で最下位という結果になった。

さらに過去2年間に目の検査を受けた人の割合も、ロシアの53%に次ぐ56%という低さであることが判明した。

日本の眼科の検診率が低いことについて、同社は「日本は眼科のかかりつけ医がいない率が86%と世界的に見ても割合は高い」こと、「目の検診の重要性が理解されていない」こと、「日本人は家計への配慮から目の健康をおろそかにしがち」という3つの点を理由に挙げている。

今回の調査で、日本人は「目の検診の重要性が理解されていない」ことが浮き彫りとなった。

例として目の診察は「最重要項目ではない」と答える率が81%と調査国の中で1位。

「(診察を受ける)時間がない」と回答した率も、ロシアに次いで2番目だった。

さらに「肥満と目の健康の関連性について知らなかった」「喫煙と目の健康の関連性について知らなかった」と回答する割合も高く、反対に「目の健康についてよく知っている」と回答した率は調査国中、最も低くわずか4%だった。

眼科検診についての調査では、「眼科検診の費用が高すぎる」と回答した割合は、日本人が1位だった。

「(眼科検診に)お金を使いたくない」と回答した割合は62%で、調査国中ダントツの1位。

家計への配慮から目の健康をおろそかにしがちな日本人の姿がうかがえる。

北海道大学特任教授の大野重昭先生は、目の定期健診について「自覚症状が無くても、定期健診で発見される目の病気には白内障や緑内障がある。

緑内障は放っておけば失明の可能性もある疾患だが、自覚症状がなくても目の検査によって早期発見が可能。

視力矯正だけに眼科医を訪れるのではなく、定期的なアイ・チェックを心がけてほしい」とコメントしている。