「変なハードルはもったいない」デジタルネイティブだから気がつけることがあります 〜番外編:「うめけん」こと、ディグナ社長・梅崎健理さんの場合(後編)

自分が好きなことを仕事というカタチにしているヒトたちを追う本連載。「ツイッター高校生」として名を挙げたのち、起業しつつ大学にも進学した梅崎健理さんの後編です。

※前編(>>記事はこちら)


梅崎健理(うめさき・けんり)●ディグナ社長

1993年、鹿児島県生まれ。長野県で小5まで育ち、福岡へ。福岡高校から代々木高校へ転校し、2012年同校卒。現在、慶應義塾大学総合政策学部在学中。2010年にはディグナを設立し、代表取締役就任。同社の設立と同日に、新語・流行語大賞「〜なう」を受賞する。通称「うめけん」。

>> うめけんさんのTwitterアカウント

柴田励司(しばた・れいじ)●インディゴ・ブルー代表取締役社長

1962年、東京都生まれ。85年上智大学文学部卒業後、京王プラザホテル入社。在蘭日本大使館、京王プラザホテル人事部を経て、世界最大の人事コンサルティング会社の日本法人である現マーサージャパン入社。2000年日本法人社長就任。その後、キャドセンター社長、デジタルハリウッド社長、カルチュア・コンビニエンス・クラブ代表取締役COOなどを歴任して現職。

>>Indigo Blueのウェブサイト


■常に仕組みが気になってしまう

――で、今年、慶應義塾大学に入ったんだよね? 大学入らずにそのまま起業しちゃえ、ってことにはなかったの? あ、大学生をしながらもう起業をしているんでしたね。会社はいつ、つくったの?

そうなんです。起業しています。会社を立ち上げるにあたって、はやりのWEBサービスでもつくってみるかと思っていたんですが、例えそうしたものが何もできなくても個人事務所扱いでもいいと思っていました。というのは高校生が“起業する”ってこと自体が珍しいだろう、それ自体話題性があると踏んでいました。

それで起業するって決めて2010年12月1日に登記したんですが、それも運がよくてですね、ちょうど同じ日に、流行語大賞をもらったんです、「〜なう」で。起業して、受賞した人になれた。これはバズりました。

――なるほどね。会社はどんなことをしているの?

今はいろいろなお手伝いをさせてもらっていますが、まあ今は「若さをお金に換えている」というか、コンサル業ですね。高校生の感覚を伝えている。

ほんとに小さいころからネットを使っていて、感覚的にこれはおかしいだろうとか、こうすればコミュニケーションが生まれるとわかっているので、その按配を伝えています。ひらめきと洞察力に自信があります。

――現状世の中の大半の人はデジタルネイティブではないけれど、自分とどんなところが違う? 自分がデジタルネイティブだからこんなところが違うと気がつく部分はある?

デジタルだとやれる範囲がいっぱいありますよね。僕はプログラムを書けるわけではないし、ゲームが好きとかでもない。ただし、ウィキペディアで徹夜ができるくらい情報を調べるのが好き。それからモノでも組織でも、仕組みを調べるのも好き。

おじいちゃんおばあちゃんに携帯の使い方を教えたりすると、「あーこんなところに変なハードルつくって、もったいないなぁ」と感じることがよくある。そういうことに気がつけるのはデジタルネイティブだからなのかなぁと思うことはあります。普通に使っていると自然とそういう発想になる。

幼稚園に入る前くらいに人形劇を見にいったんですが、正面から見ないで裏から見ていたら、多動児だと思われて追い出されたことがありました。僕は常に仕組みが気になっちゃうんです。

■父親はIT音痴

――周囲に似たような人いた?

いないです。例えば父親は大学の先生(地盤工学)でパソコンはまったくできない。

たまたま研究室に連れて行かれて、暇だったから研究室にあったパソコンを触ったというのが4歳。小学校の頃はいつも大学の研究室に行って大学生と遊んでいました。メスシリンダーに囲まれて。

――子供が好きな戦隊ものなんかにはまったことはないの?

まったくやってないです。遊戯王カードとか、めっちゃ流行ってたんですけれど、やってないです。

――そうすると友達と共通言語がないよね。

そうですね。ある意味よかったと思うんですが、両親からなにも与えられなかった。だから買わないんじゃなくて買えない。だからハングリー精神は強くなったかもしれないです。それを苦しくは思わなかったけれど、「なんでうちにはプラレールがないんだろう」くらいは思っていました。

僕は当時長野に住んでいて、たまたま市内に光ファイバーが通った。長野オリンピックのおかげで。市民が使えるネットの施設ができたのでそこに行っていました。そしてもっとパソコンが使いたくなると、父親の大学の院生室にはハイスペックなパソコンが揃っている。それが使いたくって、「はい、僕うめけん」と名乗ってすり寄って可愛がってもらいにいっていましたね。

――これの対談は文科省の人に見てもらいたいなぁ。こういう例もあるんだよってことを知ってもらいたい。大学に入った理由は?

仕事だけをしていると、まだ自分の中に公式がなくって絞り出すのが大変。一回一回絞り出さなくってはならなくってきつくなってきます。それで自分のネタが切れたときに専門性というものがあったほうがいいかな。分かりやすいかな?と思った。加えて、日本で生きていく上で、(学歴は)持っていても重くはなかろうと思いました。

――なるほど。周囲の人間は、本当にうめけんは大学へ行っているのか、と心配していませんか?

大学にいると、「え、うめけんここにいるんだ!?」と驚かれる。大学には実際行ってみてやっぱり、知的好奇心が強い人とのコミュニケーションのおもしろさや、学友から学ぶことの大切さなど、いろいろ感じています。それと同時に、大学教育への危機感も感じています。

――ぜひ聞かせてほしいですね。

大学という場にみんな大いなる期待を持って高いモチベーションでいるんですが、やっぱり高校の延長線上であって大きくは変わらない気がしています。例えば、慶應SFCなので、特に一般教養ということもなく1年次から4年生と同じ授業も取れるんですが、経営とか起業の話を授業で聞くなら、僕の場合、経営者は傍にいるので、1対1で聞いたほうがためになる。大学も社会なので自分で意思やプラン、見通しをもっていないと、他の人と同じように就職をすることになってしまう。

■大学は「型にはめる」ところ?

――大学は学生を型にはめていってる気がした?

型にはめていくところだと、僕は感じちゃいました。

――慶應SFCですら? それはきっと学長にとってショックな話ですね。

高校や受験という呪縛から解かれて、履修を組んだり、サークルに入ろうなんてことをやっていると、その環境にいるだけで満足感に溢れてなんだかやってる気がしてしまう。僕だってつられそうになってしまうくらい。実際楽しいんだと思います。もちろんその期間が大切と言われることもわかります。

僕は早めに東京にでてきていくらでも自由にやったから、たった今なにかの呪縛から解かれたということではない。僕は大学をみなさんと同じ時間で卒業できるか分からないですけれど……。

――(笑)。

面白い授業だけしかとらないと決めているんですが、竹中(平蔵)さんの授業なんかはとても刺激的、けれど反対に教授が気持ちよく喋っているだけの授業にはほぼ出てないです。

――そこがいま大学の苦しいところだね。これまで大学は過去の知識をカタチにして伝えるという場だったわけだから。ただし、それでは社会にでてから使えないじゃんという話になる。だから白熱教室みたいなものが話題になるけれど、これができる先生というのは限られてくる。うめけんさんみたいに高校を自分で飛び出して、守破離の離にまで来ている人がもう1回大船に乗るかというと……、乗らないよね。

僕、入学式のとき、ここ1年で一番で重い気持ちになったんです。学籍番号を振られたとき。自分を面で扱われたことで、「ああ、また日本社会の構造に戻ったんだ」と思った。本当に強い意志を持ってすごさないと、このまま就職活動へ……なんていう道に進んでしまうかもしれない。それでは絶対につまらないなぁと。

――そうだね。名刺を逆転させたいね。「インディゴブルーの柴田です」ではなくって、「柴田」で「インディゴブルー」にいるのです。って、いうほうが正しいと思っていてね。それが現状は、子どもの頃から●●小学校の●●です、●●中学校の●●ですって名乗り続けて、そのまま大企業の●●ですとなってしまっている。

そのほうが楽だなっていうのは分かるんですよ。今僕がなにかしでかしても慶應義塾大学っていう冠が守ってくれるし、会社もそうだと思うんですよ。

――そのほうがマスコミ的には大きく報道すると思うけれどね(笑)。

まあそうなんですけれど、組織にいることの恩恵もあると思う。でも僕は、うん。……宣言しよう、就職したくないなぁって、ものすごい思うんです。

――もう起業してるんだから、就職とかいう世界ではないでしょう。

でも一度就職してみろっていう声もあるだろうし、使われる立場になってみろと言われることもある。けれど、それは自分には必要ないかなぁと思っている。いろんな人と触れていて、大学に行って就職をするのが向いていると感じる人もいる。一緒に仕事をしているパートナーにもそう感じる人がいます。けれど自分はそちらではないんだと思う。

■天狗になった時期もあった

――今後、どうしたい?

そうですね。一回流行語大賞を取ったりして有名になりかけて、取材が一方的にきて天狗になった時期がありました。これから先も取材が来続けるだろうなんて思うくらい。

ツイッターがここまで有名になって、外で言えることと、中で言えることがこんなにも違うのか、社会は矛盾だらけだと気がつかされた。

――え、外で言えることと中で言えることの違いってどういうこと?

1対1で対面して聞けることと、ネットの中やツイッターだけで聞けることはこんなに違いがあるのかって。

僕は建前とか、計算のようなものはなく後先考えずになんでも喋っちゃうし、誰とでも等しく接する性格だったので、社会ってこんなに大変で矛盾だらけなんだと。本質こんなふうにしたいというのがあっても「それを言ったらダメだよ」とこがいっぱいあったりする。

だから、結果的に有名になるのはいいんだけれど、自分のやることやればいいかな。でも、自分がやること、つくるものとかで世の中に最大限の影響を与えられたらいいなっていうのはずっと思ってます。収まりたくないなぁっていうのが僕の最近の口癖なんです。

――今は収まらないほうがいいよね。何十年先になるか分からないけれど、そのうち収まるようにはなるもんだから、なにも今自分から箱の中にはいることはないと思う。実はうめけんさんの5年10年くらい先輩で本当によく似ている人を何人か知っていて、この連載にも出てもらおうかと思ったんですが、今ロシアのなにか仕事をしているから駄目だと断られてしまって……(笑)、そういう人は型にはめないようにしていかないといけないんだと思う。

――こんな人みたいになりたいとか、今後こうしていきたいってイメージはあるの?

僕は人に憧れたことや嫉妬したことがない、なんていうとまた若いねって話なんですけれど(笑)、だから、とくに浮かばないですね。

孫さんだって果たして本当にはじめからIT屋さんやりたかったのか、僕はわからない。たまたま何かしようと思ったときにITがあって、ということだったのかもしれないですよね。だから僕も何々しなくちゃいけないと決めたくないんです。今やっている仕事を10年後にもやっているかっていうと、やってないと思う。

ITだけやっているとITの都合だけで考えてしまうようになるし、僕まだまだITっていうのは既存の産業上で成り立っていると思うんですよ。今までの社会にあるものを効率化するためにITが使われている。だからこれまでの産業とか社会の事情もわからないとやれないと思うし、そういうのを追うのが好き。

――なるほどね。“IT”っていうことを立てて扱うことはそのうちなくなるからね。

僕はITの人と思われていて、ときどきプログラムできないの?なんて言われちゃうんですけれど、それは大したことではないと思っています。

■ITエンジニアは「シャツ着たブルーカラー」か

――生年月日はいつでしたっけ。

1993年生まれ。平成5年です。

――マーサーというアメリカの会社にいたときにね、世界中の専門職の給与を調べるという仕事をしたことがあってね、IT関連の仕事の値段がすごく高いときがありました。それが1996年くらいからガクガクと値崩れをしてきた。どこでも必要になってきたから特別な超専門職ではなくなったわけです。きっと今後そういうことになっていくんだろうね。

こういった時代に生まれてきたのも、不思議な縁とでもいいますか、きっと僕が社会を変えるという暗黙のメッセージかもしれません(笑)。僕のまわりにですね、「自分はプログラム書けるから大学なんて行かなくていい」なんて言っている人もいるんです。今GREEですとかそういった伸びている会社のおかげで、エンジニアがものすごく重宝されていますが、それはなぜだろうという背景を、(彼らは)考えていないのだと思う。きちんと考えれば、これって昔、「俺は手に職つけて宮大工になる」と言っているのと変わらないだ、ということに気がつかないといけない。

――そうそう。一緒ですよね。ITとか言うと洗練されている感じがしてしまうけれど、労働条件的にはめちゃめちゃですしね。

シャツ着たブルーカラーじゃないの、と思うこともある。このようなIT業界も変えていきたいし、これからの日本の未来をよくしていくためにも、もっともっと動き続けます!

――それが如実にでているのがインドのバンガロールとかムンバイですよね。日本の未来のためにも、うめけんさんの今後の活躍が楽しみです。本日はありがとうございました。


<柴田からの提言>

世の中は「集団管理」を基本にしているので、気をつけないとすぐに“型”や“枠”にはまります。誰かが決めた“型”や“枠”の中で生きていると、自分の世界観がどんどん小さくなっていきます。道なき道を飛ぶ! 意識してそういう動きをしたいですね。

これまでお届けしてきた本連載も、今回でいったん一区切りです。また「好きをカタチ」にしている方たちを集めて再びお目にかかれればと思います。ご愛読ありがとうございました。

(柴田励司=聞き手 高野美穂=構成)