あらゆるシーンに当てはまる恐るべき法則『80対20の法則』を知っているか!? 

写真拡大

「80対20の法則」をご存知でしょうか。イタリアの経済学者パレートが発見したと言われている法則で、様々な現象に当てはまると言われています。その法則を主にビジネスに当てはめ、示してくれたのが本書です。今回はビジネスシーンでの「80対20の法則」について解説していきます。

「80対20の法則」とは?

一言で言えば「結果の80%は原因の20%から生じる」という法則のことです。言い換えれば、大半のものは無価値で少数の物だけが非常に役立つということです。このことを知っているか否かで、仕事のやり方や人生の充実度も大きく変わってきます。本書において、この法則は以下のように語られています。

均衡が崩れると、一方に傾く流れは押しとどめようがない敗北の大半は、他人から強制されて参加されたレースで起こる仕事と人生には別物ではない自分は何をしているときが一番楽しいかを発見し、それを仕事に取り入れること

1. 均衡が崩れると、一方に傾く流れは押しとどめようがない

世界は均衡を嫌います。50対50という状態が仮にありえたとしても、ひとたび51対49になると、後は重力の法則に従うかのように99対1に向かって進むのです。ひとたび均衡が崩れると、一方に傾く流れは押しとどめようがないのです。

2. 敗北の大半は、他人から強制されて参加されたレースで起こる

勝利の大半は、自分が望んで参加したレースで起こります。レースの選択を誤り、自分が得意とするレースではなく他人が得意とするレースに参加すれば、まず勝ち目はありません。

3. 仕事と人生には別物ではない

仕事は、生活全体の質という広い視野から考えた方がいいのです。具体的には「暮らしている場所」「友達と過ごす時間」「仕事の満足感」「収入の過不足」など。生活のあらゆる角度からトータルに考えてみる必要があります。

4. 自分は何をしているときが一番楽しいかを発見し、それを仕事に取り入れること

業種は選択の一つに過ぎません。これをよく考えないと、好きな仕事を選んだからといって幸せになれるとは限りません。自分の心に「仕事の達成感、仕事の成功を強く望んでいるか?」「会社で働くのが一番幸せか、自営やフリーで働くのが一番幸せか」「会社を経営するのが一番幸せか?すでに形が整っているものの中で働く事を望むのか?」を聞いてみることです。

他にも「物事を複雑にするのは単純な仕事だが、物事を単純にするのは複雑な仕事である」といった言葉が載っています。

『人生を変える80対20の法則(阪急コミュニケーションズ)』の詳細を調べる