驚きのデータを示す『anan』の表紙

写真拡大

人気女性誌『anan』(2012.7.18号)に、驚きのデータが掲載されていた。25歳から35歳の独身女性の55%は、彼氏がいないというのだ。年ごろ女性の半数以上がフリーだなんて、ちょっともったいない気がする結果である。

でも、同じくらいの年代の女性に聞いてみると、「もっと少ないでしょ」「いやもっと多いよ」など反応はさまざま。55%という「平均値」のウラには、何かがありそうだ。

「彼氏なしが8割方」というグループだってある

中堅出版社に勤める編集者のNさんは、大学を卒業して2年間彼氏がいない。入社以来、仕事に追われて男性と交際するどころか、出会う機会もないという。化粧っ気は薄く、週末はもっぱら疲れた心身を休める「休養日」となる。

「私の周りの編集女子は、8割方が『彼氏なし』。半数近くが彼氏持ちだなんて、この仕事をしている人間にはまるで無縁な話ですよ」

出版に携わりたくて、ようやくこの会社に滑り込んだが、仕事の過酷さは予想以上だ。毎月の出版点数ノルマもあるし、途中まで進んだ企画が立ち消えになって大きなストレスになることもある。

それでも今のところは、どうしても彼氏が作りたいというわけでもないらしい。

「やっぱり出版に携わったからには、自分が納得できる本を出すまでは手を抜きたくない。覚えることはまだまだあるし、仕事で成長している実感がある」

大学時代に付き合った男性はいたが、ああいう付き合い方なら「時間の無駄」に思える。寂しさをオトコで紛らわしても、結局は充実感が得られそうにない。

「女のセンパイたちはフリーの編集者になったり、作家やイラストレーターになったりした人もいるけど、けっこう独身が多い。たまに付き合っても、あっさり別れたり。別にひとりで生きていったって、いいと思うこともある」

出版業界以外でも、中堅、中小企業に勤めるまじめで仕事熱心な女性の中には、同じようなタイプの人が多く見られる。ただ、彼女たちの中にも「早くこんな生活やめて、どこかに『永久就職』したい」という人もいる。それだけ仕事がしんどいということだろう。

足して2で割れば「だいたい5割」になるけれど

一方、IT系や大手の企業に勤めている女性たちは、仕事も忙しいけど彼氏探しに貪欲な人たちが多い。こちらはざっと見て、Nさんとは逆の「8割方が彼氏もち」だ。

彼氏がいなければ、見つかるまで徹底的に合コンを繰り返す。彼氏ができてからも「女子力」を磨くことを怠らず、外見に手をかけて色っぽい。ネットワークの維持も欠かさず、彼氏の態度が煮え切らなければサッと別れ、別の男に乗り換える。「誰かいい人いない?」と呼びかければ、だいたい次はゲットできるという。

ただ、ふたを開けてみると「彼氏あり」といっても色々だ。ひとりでは寂しいからと「今はさほど好きでもない男性と付き合っている」という人がいた。彼氏とほとんど会えず「本当に彼女と思われているの?」と心配になるケースもある。

ひとことで「彼氏あるなし」といっても、関係性の深さには色々ある。「8割方彼氏なし」のNさんにだって、親身に相談に乗ってくれる同僚や男友達がいて、セックスはないけど充実した関係がある。将来は欠かせないパートナーに発展するかもしれない。

一方、45%の彼氏持ちの中には、若くて魅力的だからオトコの数はいくらでも増やせそうだけど、強い信頼関係が築けなくて虚しい…。ハッピーな彼氏もち以外に、そんな悩みを密かに抱える人もいそうだ。

一見「非モテ」でも充実した生活をする女性がいるし、「リア充」に見えても悩める女性がいる。足して2で割ると「だいたい5割」ということか。でも、平均値からは一人ひとりの生き方は見えてこない。(池田園子)