(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●趙雲、長坂橋で血路を開く!
淑玲に阿斗を託された趙雲、曹操軍の総攻撃の間を必死に駆け抜けます。

しかし、敵軍に囲まれた趙雲は一か八か崖から飛び降ります。

結果的に辛うじて趙雲と阿斗は劉備の元へ帰還出来るのですが…。劉備は趙雲の帰還を喜ぶと共に阿斗の暗愚さを厳しく叱責します。

※人前では気丈に振る舞う劉備ですが、妻である淑玲の死は極めてショックだったようです。
●張飛の結婚
劉備軍が江陵へ向かうさい、張飛は殿軍として長坂橋への守備を志願します。そこで劉備は張飛に美芳との結婚を条件として今回の張飛の志願を認めます。

※結婚していれば命を粗末にしないだろうと劉備の考えからのようです。

簡単ながら張飛と美芳は祝言をあげ、夫婦となったのです。
●張飛、単騎にて長坂橋を守る!
曹操軍100万の軍勢は長坂橋を攻め落とせば劉備軍を一気に制圧出来る事はわかっています。しかし、曹操は孔明の策略を警戒して長坂橋を攻め切れずにいます。

そこに張飛がただ1人で長坂橋に立ち塞がります。これを見た曹操、何か孔明の罠があると疑い立ち往生します。

しかし、張飛が橋を決壊させると曹操軍は一気に進撃します。つまり、曹操軍が敗走した後で橋を落としたということで孔明が劉備軍に不在ということ及び安心して劉備軍への追撃が出来るという具合となります。

そして劉備は張飛の話を聞くと江陵行きを中止します。結果的には張飛の失策があったとはいえ、劉備はそれを咎めることはしなかったのです。
●孔明、海賊呂王を頼る!
孔明は夏口へ向かいます。そこでは海賊である呂王(呂布の弟)の縄張り。そこで孔明はかつての呂布の不義理を材料にして呂王へ援軍を依頼します。すると呂王は孔明の説得によって劉備軍へ援軍を出します。

そして劉軍と関羽も劉備軍へ合流します。これによって劉備軍は窮地を脱します。

そして曹操軍は敗北を喫してしまいます。但し、曹操自身は無事。次なる曹操軍の作戦は如何に?

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト