京王電鉄と東京都交通局、調布駅付近地下化で京王線&都営新宿線ダイヤ改定

写真拡大

京王電鉄は8月19日、「調布駅付近連続立体交差事業」における地下線への切替え完了に合わせ、京王線のダイヤ改定を行う。

これにともない、東京都交通局も都営新宿線でダイヤの一部変更を実施する。

同事業で地下化されるのは京王線柴崎〜西調布間(約2.8km)と相模原線調布〜京王多摩川間(約0.9km)。

地下線への切替えは8月18日終電後から翌19日午前10時頃に行われる。

これにより、事業区間内の国領駅、布田駅、調布駅が地下ホームとなり、3駅ともホームドアが設置されることに。

調布駅は下り線・上り線の2層構造となり、京王線下り線と相模原線上り線の平面交差が解消される。

その結果、平面交差に起因する電車の遅れが解消され、相模原線上り電車の調布駅手前での信号待ちも大幅に減少する見込み。

これを受けてダイヤが改定される。

各駅の発車・到着時刻と電車の所要時間だけでなく、行先や途中駅での接続、通過待ち駅などにも変更が生じる予定。

また、京王線と相互直通運転を行う都営新宿線でも、一部列車の時刻、種別、行先、両数が変更になるとのこと。

京王線の新しいダイヤについては、京王ホームページおよび携帯電話サイト「京王ナビ」に掲載されるほか、8月1日からは京王電鉄の各駅で時刻表も配布される。

なお、新たに使用開始する調布駅の地下ホームでは、列車接近メロディーに「ありがとう」(いきものがかり)を採用する。

調布市が舞台となった朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』にちなんだもので、下り線と上り線で異なるメロディーが使われるという。



続きを読む