JR気仙沼線柳津〜気仙沼間でBRT暫定運行開始、年内にハイブリッド車両導入

写真拡大

JR東日本仙台支社・盛岡支社は18日、気仙沼線柳津〜気仙沼間で暫定的にBRT(バス高速輸送システム)のサービス提供を開始すると発表した。

沿線の学校の2学期開始に合わせ、8月20日より暫定運行を開始する。

東日本大震災で被災し不通となった同区間では、仮復旧としてBRTを導入。

年内の運行開始をめざし、準備が進められてきた。

このほど一部区間で専用道が完成する見込みとなったため、8月19日をもってミヤコーバスへの振替輸送は終了(本吉〜気仙沼間の路線バスは継続)し、翌20日よりBRTの暫定運行を開始。

柳津〜志津川間15往復、志津川〜本吉間上り(柳津方面)17本・下り(気仙沼方面)20本、本吉〜気仙沼間上り24本・下り25本のダイヤとなる。

BRTへはJRの乗車券で利用でき、バス車内では運賃を現金でも支払える。

専用道が整備されたのは陸前階上〜最知間(2.1km)で、最知駅は駅舎も整備。

また、陸前階上駅と本吉駅では駅舎の改修が行われる。

気仙沼線の不通区間では、駅舎の整備・改修にともない、運行状況を確認できる「ロケーションシステム」を導入。

駅名標のQRコードを読み取ることで、携帯電話などでも運行状況を確認できるという。

志津川〜清水浜間には「ベイサイドアリーナ駅」も新設され、運賃は志津川駅を基準に計算される。

南気仙沼駅は移設されて南気仙沼(市立病院入口)駅となるが、運賃については元の南気仙沼駅が基準に。

今後は暫定運行を経て、年内にはBRTでの運行を本格的に開始する予定。

便数を増発するとともにハイブリッド車両を導入し、駅舎の整備などが引き続き進められる。

詳細については概要がまとまり次第、あらためて告知するとのこと。



続きを読む