門司港駅、9月より6年間の保存修理工事 - 記念きっぷ販売やイベントも実施

写真拡大

JR九州はこのほど、門司港駅の保存修理工事に着手することを発表した。

現駅舎での営業は9月28日まで。

翌29日より仮駅での営業となり、工事期間は2018年3月までの予定。

鹿児島本線の起点となる門司港駅は、1891(明治24)年に九州鉄道会社門司駅として開業。

現在の駅舎は1914(大正3)年より営業を開始した。

鉄道駅として初めて国の重要文化財に指定されるなど、門司港レトロ地区のシンボルかつ拠点だった同駅舎だが、建設から約100年が経過し、外壁や軸組などの傷みが激しくなり、本格的な修理が行われることに。

工事に際し、現駅舎は素屋根で覆われ、駅前の噴水広場も作業ヤードとして使用するため、仮囲いが設置される。

駅舎は建物の骨組みを残して解体され、傷んだ部材の修理と補強を行った上で、再び組み立てていくという。

建物の解体と並行してさまざまな調査も行われる。

なお、保存修理工事の開始を前に、9月15〜17日の3日間、北九州市主催のイベントを開催。

写真撮影会やバックステージツアーが行われるほか、ビアガーデンもオープンし、ステージイベントも開催される。

その他、JR九州では保存修理工事を記念した門司港駅記念きっぷも発売予定だ。

さらにJR九州門司港駅と門司港レトロ倶楽部の共催、北九州市の後援で、「門司港駅写真コンテスト 〜あなたの門司港駅〜」も開催中。

門司港駅を題材とした写真を9月30日まで募集しており、大賞には賞金10万円が贈られる。

門司港駅愛好家代表としてタモリさんも審査に加わる予定で、「タモリ賞」も設けられるとのこと。



続きを読む