経済キャスター・鈴木ともみが惚れた、”珠玉”の一冊 (20) 夏の特別対談〜”迷惑な話し方”をしていませんか? 出口汪氏の話術の極意(後編)

写真拡大

経済キャスターの鈴木ともみです。

今回は、連載コラム『経済キャスター・鈴木ともみが惚れた珠玉の一冊』夏の特別企画・スペシャル対談の第一弾の後編です。

対談のゲストは『カリスマ出口汪の人生を変える! 最強の「話し方」塾』の著者・予備校講師の出口汪さんです。

仕事ができる人、魅力のある人は、やはりそれなりの「話し方」が身についているものです。

話し方一つで人の印象は大きく変わります。

人を説得する、人を引きつける、人から好印象を持たれる「ワンランク上の話し方」とは…? 今回も前編に続きビジネスパーソンの皆さんに向けて「話術の極意」をお伝えしたいと思います。

鈴木 : 上手な話し方の第一歩は、他者意識を持つこと、そして論理的に話すこと。

読者の皆さんもだいぶ整理できたかと思います。

では、逆に他者意識を持たない「迷惑な話し方」というのは具体的にどのような話し方を指すのでしょうか?出口 : 例えば、前置きが長い話し方などです。

本人にしてみれば、丁寧な話し方をしているつもりかもしれませんが、聞いている人にとっては、これほど迷惑な話し方はありません。

もし、それが会議の場であるならば、長々と前置きしている人は、そこに出席している人全員の時間の合計を無駄にしていることになります。

前置きは短くするべきです。

また、頭に浮かぶ順序で話す人も迷惑な話し方の典型です。

聞いている人は、話し手が何を話すのか、全く見当がつかなくなります。

しかも、言葉は発せられたらすぐに、次々と消えていきます。

相手(聞き手)が他者であるという意識を持って論理の順序で組み立てて話すことを心がけるべきです。

鈴木 : 「出だしが重要」というのはとてもよく理解できます。

私も日本FP(ファイナンシャルプランナー)協会の認定講座『FP会話塾』で、「出だし=頭サビ」の重要性について解説しています。

話し方においては『結・起・承・転』の順序が大切だと。

文章の世界では、『起承転結』が基本とされていますが、話し言葉で伝える際には『結』をまず最初に持ってくることが肝心なのだと思います。

そして『結』の後に『起承転』、場合によっては『結・起承転・結』。

こう解説すると、受講生の皆さんも納得して下さいます。

出口 : それはわかりやすい表現ですね。

確かに『結』を出だしに持ってくるというのは大切ですね。

話の順序や組み立て方が上手になれば、自然と伝わりやすい話し方になっていくはずです。

そこがクリア―できたならば、次は話のネタや内容です。

私が予備校講師として数多くの講義を成立させることができたのは、さまざまな話(ネタ)のストックをためることができたからです。

ストックが自分の中で蓄積されると、このストックを話せば上手くいくという自信も出て、堂々と落ち着いて話をすることができます。

ぜひ、ストックノ―トを一冊持つことをおすすめします。

そして、話のネタ=ストックは、三回話すと良いと思います。

鈴木 : 数多くのストックを持つことで自信にもつながり、人前で話すときもあがらないようになってくるのでしょう。

出口先生はめったにあがることなんてないのでしょうね。

出口 : 今となっては、人前で話すことであがることはなくなりましたが、もともとは私自身もあがり性だったのです。

人前に出るとしどろもどろになりました。

鈴木 : それは意外です。

どのようにして克服されたのですか?出口 : やはり経験値を上げることが大切です。

プロの話し手でない限り、人前で話すときに緊張しない人なんてなかなかいません。

あがるのは、(1)自信がない、(2)経験不足、のどちらかが原因です。