手帳はアナログのバーチカル式/イチオシは高橋書店の「リシェル3」。見開き2ページで1週間分、曜日は左から右へ、タイムテーブルは上から下へ流れ、適度な余白がある。また週末を休みにあてるためには土日欄が平日欄より小さいタイプがいい。

■「本の読まれ方」は今後確実に変わる

09年7月の発売直後に購入したiPhoneも、手放せないツールのひとつ。手のひらに収まるまでに小型化され、ポータビリティという点では完成型です。気になるブログをサッと確認したり、類語辞典を引いたりできるのは大変便利です。また1日2回を目安にiPhoneからtwitter(ツイッター)を見ています。簡単に言えば、チャットとブログのよきところを足して2ちゃんねるの嫌なところを差し引いた感じがある。まったく新しいフラットな交流の場なので、私も読者との交流に活用しています。中毒性が高く時間を取るのが難点ですが、手を出してみて損はありません。

デジタルツールのなかでも、Kindle(キンドル)は必携の道具です。英語の文献を驚くほど早く、安く手に入れられます。「フォーブス」「エコノミスト」「サイエンス」「ニューヨークタイムズ」などの海外の雑誌や新聞は、発売日に注文しても届くのは3日後。しかしキンドルでは発売と同時に、ずっと安く手に入れることができます。しかも場所をとらず、持ち運びも簡単。日本語の書籍はまだ発売されていませんが、大きな影響があるのはあきらかです。今後、確実に世界中で「本の読まれ方」は変わっていくでしょう。

私と同年代の人たちは、定年まで10年を切りました。デジタル化の波から逃げ切れるかどうか微妙なところです。20代の若者に比べれば、デジタルツールへの順応には時間もかかるでしょうし、不安もあるでしょう。けれども、これからの進展は不可逆です。なにより、こんなに楽しく刺激的なツールを使わないのはもったいない。使い続ければ、必ずや知的生産につながるはずです。

■「鞄の中」の仕事効率化ツール大公開

オーダーメイドでつくった「理想の鞄」。マチがないため見た目よりも収納力があるほか、内ポケットに入れた携帯電話を鞄のふたを開けずに取り出せるなど、様々な工夫が詰まっている。費用は十数万円。

【A】筆記具は鞄に常備する/いつでもアイデアを書き付けられるように手持ちの鞄には筆記具を入れっぱなしにしている。写真は三菱鉛筆の「ジェットストリーム」。油性だが速記してもかすれることがない。ノートは枠線入りのものが便利。

【B】携帯用のミニ靴べら/鞄を特注した際、職人に作ってもらった。スナップボタンで鞄に取り付けられる。靴を履くときにもまごつかずに済む。

【C】使わずにいるのはもったいない/ニュースやブログをサッと確認するのにiPhoneはとても有用な道具。アプリでは「古本価格サーチ」「ボイスメモ」などを使う。後者は、相手に録音していることを悟られずに使うという裏技的な用途にも適している。

【D】洋雑誌を最安最速で読むために/Amazon.comの「Kindle」はいますぐ導入するべきツールのひとつ。米国のほぼすべての新刊、もしくは著名な本、雑誌や新聞が約6秒で手に入る。英文の読み上げ機能があるので、英語学習ツールとしても有用。

【E】スキャナ型の電子辞書/「クイックショナリー2漢字リーダー」。英和、和英、国語の3つの辞書機能があり、先端部で文字をなぞるだけで引ける。

【F】見栄こそが成長の源泉!/iPadはいわば「動く雑誌」。まだ日本語でのコンテンツは乏しいが、いち早く手に入れて「見栄を張る」ことは、自らの成長をうながすことにもなる。現状では百科事典「マイペディア」の閲覧に活用している。

※すべて雑誌掲載当時

----------

作家・ジャーナリスト
日垣 隆
1958年、長野県生まれ。『そして殺人者は野に放たれる』で新潮ドキュメント賞受賞。愛用ツールについては近著『知的ストレッチ入門』(新潮文庫)に詳しい。

----------

(作家・ジャーナリスト 日垣 隆 構成=山川 徹 撮影=小原孝博)