夏のセールで衝動買いする女性は約9割-ネオマーケティング調べ

写真拡大

マーケティングリサーチを行うネオマーケティングは、今年の夏にセールで買い物をする予定がある、全国の20歳〜39歳の女性500名を対象に「セールに関する調査」をインターネットリサーチで実施した。

調査期間は7月4日〜7月5日。

まず、「今年の夏のセールでは何を購入する予定か」を聞いたところ、1位「洋服などの衣類品(94.0%)」、2位「バッグや財布などの雑貨品(57.4%)」、3位「アクセサリーなどの装飾品(37.8%)」だった。

また、「今年の夏のセールで購入する予定のもので、最も欲しいもの」を聞いたところ、1位「洋服などの衣類品(74.6%)」、2位「バッグや財布などの雑貨品(12.8%)」、3位「家電製品(3.2%)」という結果に。

1位は2位と比べ大差だったが、購入する予定の中では5位だった「家電製品」が3位に上がっている。

「予定していないものでも、セールになっていると購入するか」を聞いたところ、1位は「悩むが、気に入ったら、安いという理由でその場で購入してしまう(71.2%)」、2位は「安いという理由だけでその場で購入してしまう(13.8%)」、3位は「悩むが予定していないものは購入しない(7.0%)」。

購入する人の合計は85ポイントで、約9割の人がセールで衝動買いをする事がわかった。

さらに、「セールの情報をどこから入手するか」という質問では、1位「TV(CM)(47.0%)」、2位「メルマガ(37.6%)」、3位「お店のセール告知の張り紙(35.4%)」だった。

「セールの情報をどこから入手するか(1番役に立っていると思うもの)」では、1位「メルマガ(17.6%)」2位「TV(CM)(16.6%)」・3位「DM(13.6%)」。

メルマガやDMのように、確実に自分の元に届く方法が役に立っていると思う人が多い結果となっている。

なお、同調査の詳細は、同社アンケートサイト「アイリサーチ」で無料ダウンロードすることができる。