大阪府は、ニートの就労支援プログラム「大阪レイブル超就活」の参加者を募集している。「レイブル」とは、late bloomer(レイト・ブルーマー)の略で、遅咲き、大器晩成を意味し、大阪府が、ニートの中で働く意志を持ち、就職に向け行動を起こしている若者に対する呼称として用いている。

 就労支援プログラムは、一般企業コースと介護事業コースがあり、各100人を募集する。

 社会人基礎力養成講座(5日間)を受講し、1カ月の職場体験を行う。介護事業コースには資格取得講座なども用意されている。

 対象者は15〜34歳までのニート、就職活動について悩みを持つ概ね39歳までの人で、募集期間は8月10日まで。

 申し込みは、大阪レイブル超就活ホームページから
 http://osaka1gan.jp/choshukatsu

即戦力化する新卒採用の新基準〜少人数の厳選採用、専門能力を重視する新たな選考基準
不足するグローバル人材 新卒採用では需給に矛盾も
人材採用の専門誌が評価する「人材コンサルティング会社」

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。