30歳で電撃デキ婚!熊田曜子のモテ語録から勝ちパターンを分析

写真拡大

タレントの熊田曜子(30)が4月に入籍していたことが分かりました。さらに妊娠もしており、今年12月に出産予定です。お相手は同い年の一般男性とのこと。
グラビアクイーンとしてブレイクし、バラエティでも人気に、そして「愛されボディ」の伝道師として女性ファンも獲得して、30歳で結婚&妊娠!
うまくモテ切った感のある熊田曜子。そのモテ語録をご紹介します。

熊田曜子のモテ語録から勝ちパターンを分析

磨き上げたボディで男を釘付けにするモテオーラ全開だった熊田曜子。しかし、30歳というタイミングで一般男性とのさわやかな結婚発表をしました。妊娠も重なり、今度は幸せオーラ全開です。

そんなおいしいとこ取りの彼女が残した発言から、モテの秘密を探ってみたいと思います。


●その1:「好きな人が出来るとその好きな人の苗字と自分の名前をくっつけてああなるんだと思ったり、だから絶対付き合う人は結婚をちょっとでも意識しないとイヤですね」

引用:2011年8月10日放送『グータンヌーボー』(フジテレビ系)

付き合うなら結婚を考えられるひと、これもアラサーの交際には重要なポイントだと思います。これを意識できるように、ふだんから自分の譲れない結婚観を考えておくことも必要。


●その2:「やっぱり好青年みたいな人が好きかも知れない。私も親に紹介しやすい人が好きですね」

引用:2011年8月10日放送『グータンヌーボー』(フジテレビ系)

“親に紹介しやすい”というキーワードから、結婚への意欲がにじんでいます。どんなひとと結婚したいかをイメージすることが、モテと結婚を両立する秘訣なのかもしれません。


●その3:「仕事を続けて働くのもカッコイイと思うんですけど、やっぱり女性の幸せって子供産んでっていうところにあるのかなって思うんですよね」

引用:2011年8月10日放送『グータンヌーボー』(フジテレビ系)

もちろん仕事へのやりがいも感じているはずですが、本人は「出産」の優先順位を高く設定しています。これが、タイミングを逃すことなく結婚&出産を勝ち取った要因なのではないでしょうか。


●その4:「同じエサばかりではダメ!」

引用:2010年6月27日放送『ニッポンを釣りたい!〜忘れられない旅に出よう〜』(フジテレビ系)

釣り番組でのひとコマですが、これはモテ道にも通じているかもしれません。いくら“エサ”だからといって、いつも同じエサばかりでは食いつきも悪くなってしまいます。


●その5:「普段、セクシャルな面を出す仕事をしていますが、そういう仕事をしているからこそ、私のセックスに対する意識は、どちらかというと堅実だと思います」

引用:『Juicy Girl featuring 熊田曜子 Love Sex & Love Body』(講談社)

仕事へのプライドを感じさせるカッコイイ発言です。女として自信を持って働いている女性は、仕事でもモテ道でも輝いて見えるはず。


●その6:「セックスはいろいろな人とするよりも、一人の人と何十回何百回と回数を重ねるほうがいいと思う」

引用:『Juicy Girl featuring 熊田曜子 Love Sex & Love Body』(講談社)

この価値観を公言すると、軽い男性が寄ってこないのでよりよいモテ道に進むことができそう。


●その7:「私にとってセックスは愛する人との最大のスキンシップ。女性が一番キレイになれる方法」

引用:2010年1月15日号『FRIDAY』(講談社)

セックスを重要視している女性は、男性から永く愛される存在になれます。身体への気遣いも段違いのはず。愛されボディの秘密はこのあたりかもしれません。


●その8:「交際して1年も手をつながない」

引用:2007年8月9日放送『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)

これは、相手が身体目的ではないか見極めるためのテクニックとして発言。旦那さんとは2011年4月ごろから交際がスタートし、1年後の4月に入籍しているのでこの限りではなかったようですが……。見極めが必要ないぐらい信用できる男性だったのですね。

熊田曜子のさわやか結婚が羨ましい!

熊田曜子のモテ語録を見てみると、「女としての生きかた」「結婚」「セックス」に、とてもポジティブなイメージを描いていることが分かります。しかもそれらが具体的だったからこそ、結婚までスムーズに進むことができたのかもしれません。

モテオーラを振りまきつつ、最終的にはさわやかな結婚がしたい! という女性は、熊田曜子の勝ちパターンを参考にしてみてはいかがでしょうか。


◆タイプ別に攻略!
4つのタイプ別に攻めよう!「結婚しようとしない男」の攻略法

Written by 郷雷子
Photo by 熊田曜子 オフィシャルブログ powered by Ameba