スズキ、新型ロードスポーツバイク「GSR250」を発表

写真拡大

スズキは18日、新型ロードスポーツバイク「GSR250」を30日に発売すると発表した。

価格は43万8,900円。

同車は、輸出用大型バイク「B-KING」(1,340cc)のイメージを受け継いだロードスポーツバイク。

新開発のロングストローク型248cc水冷2気筒エンジンを採用し、低振動で静粛性が高く、日常生活で多用する低中速域での扱いやすさを重視。

また、フューエルインジェクションシステム(燃料噴射装置)の採用により、高い燃費性能や良好な始動性を実現したとのこと。

スタイリングには、小型でシャープな印象のヘッドライトカウルや、ボリューム感のある燃料タンクとタンクカバー、エッジを効かせたリヤカウルを採用し、フロントからリヤにかけて跳ね上がるようなウェッジシェイプの造形を採り入れたという。

そのほか、左右2本出しのマフラーやダブルレンズのリヤコンビネーションランプを採用する。

なお、同車は2012年1月より中国で「GW250」として販売を開始し、欧州・中南米でも販売を計画している。