「サンダル焼け」経験ある? レジャーでのUV対策失敗は「塗り忘れ」が1位

写真拡大

ドクターシーラボは2012年7月に「レジャーでの紫外線対策」について、同社Web会員女性444名にアンケート調査を実施した。

レジャーに出掛けるときの紫外線対策やその悩みなど、さまざまな意見が寄せられた。

まず、今夏にテーマパークや海・山などのレジャーに行く予定があるか尋ねたところ、28%が「具体的な予定がある」、43%が「具体的な予定はないが、行こうと思っている」と回答。

合わせると約7割の女性がレジャーに出掛ける予定があることが明らかとなった。

レジャーの際の紫外線対策について質問すると、84%の女性が「日焼け止めを使用する」回答。

続いてレジャーでの日焼け止め使用の悩みについて尋ねたところ、ダントツで多かったのが「塗り直し」(75名)。

ほかには、「化粧した後から塗り直すことに抵抗がある」「ファンデーションの上から日焼け止めを塗れないので困る」「汗をかいた後、顔を洗えずタオルで拭いただけで上から日焼け止めを塗るのは、不衛生な感じ」などの意見が寄せられ、メーク後や汗をかいた後の日焼け止めの塗り直しに悩んでいる女性が多いことが分かった。

レジャーでの紫外線対策の失敗談を尋ねたところ、一番多かった回答は「日焼け止めの塗り忘れ」(67名)。

「足の甲(こう)に塗るのを忘れて、サンダル跡がくっきり」「首に塗るのを忘れ、ポロシャツの襟のあとがくっきり」など塗り忘れによる失敗のほか、日焼け止めの塗り過ぎで「顔が白塗りお化けのようになった」といった失敗談も寄せられた。

また、「日焼け止めを塗らずに浜辺で肩を出していたら、両肩とも手のひら大の水ぶくれができた」といった深刻な回答もあった。

同社によると日焼け止めを塗った後の汗かきなどを考慮し、日焼け止めは「最初にムラなくたっぷり塗る」こと、「日中こまめに塗りなおす」ことが大事だという。

さらに塗りなおしには、1本で美容液・日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・コンシーラーなどの機能を兼ね備えたBBクリームがおすすめとのこと。

メークを直す要領で日焼け止めの塗り直しができる。

レジャーで使用するBBクリームは、紫外線防止効果が高いもの、ウォータープルーフ処方であるもの、スキンケア効果が高いものが適しているという。