小松未可子、ららぽーと豊洲で「cosmic EXPO」発売記念イベントを開催

写真拡大

TVアニメ『モーレツ宇宙海賊』で主人公・加藤茉莉香役を演じ、劇中イメージソングに起用されたシングル「Black Holy」でメジャーデビュー。

7月11日にはミニアルバム「cosmic EXPO」をリリースした小松未可子が、7月16日に東京・ららぽーと豊洲にて本作の発売記念イベントを開催した。

デビュー曲となった「Black Holy」や『モーレツ宇宙海賊』の最終話で使用されたゲストエンディングテーマ「未來航路」も収録した「cosmic EXPO」は、同アニメの世界観をフィーチャーしたコンセプトアルバム。

7月10日付のオリコンデイリーアルバムランキングで初登場10位を記録するなど、好調な出足となっている。

前日の大阪に続いてのイベントとなった今回、祝日昼過ぎのららぽーと豊洲 野外メインステージは強烈な日差しの照り付ける晴天に恵まれた。

会場には大勢のファンが駆けつけたほか、フリースペースでのイベントということで多くの買い物客が足を止め、約1,000人が見守る中でのステージ。

色鮮やかな花柄のワンピース姿でステージに登場した小松は、「みんな暑さにヤラれないでね!」といたずらっぽく笑顔を浮かべる。

ライブステージは「Black Holy」からスタートし、続いて神秘的なサウンドが4つ打ちに絡み合う「砂漠のタイムマシン」を爽やかに熱唱。

「豊洲、ららぽーとあっついねー! 汗だくですよ!」と気持ち良さそうに空を見上げ、熱中症に気を付けるよう観衆を気遣いながら、今度はバラードナンバーとなる「透明な夜空 〜瞬く星に包まれて〜 宇宙の海ver.」を切なげに歌い上げる。

そして、パワフルなロックナンバー「M from...」へと繋ぎ、バラエティ豊かなサウンドで観客を魅了した。

「全力疾走の曲だとけっこうキツいですね!」と汗を拭きながら笑顔で会場を見回した小松は、8月19日に渋谷 Mr.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで初のワンマンライブ【全曲EXPO】を開催すること、そして同月26日には【Animelo Summer Live2012−INFINITY∞−】に出演することをファンに報告。

名残惜しさを口にしつつ最後は「未來航路」を堂々と披露してライブステージの幕を下ろした。

ライブ終演後には、「cosmic EXPO」を会場で購入した人を対象に「ポスターお渡し会」を実施してファンとの交流を楽しんだ小松。

なお、9月8日には【〜神戸から東日本の被災地へエールを送る〜ANIME FAIR KANSAI2012】のステージブースに出演することも決定しているので、こちらもチェックしておきたい。