三陽商会3ブランドの秋冬新作、吸湿発熱機能を持ったライナー付きコートも

写真拡大

三陽商会はこのほど、今年秋冬の紳士コート新作を発表した。

自社ブランドであるサンヨーのほか、イタリアのブランドであるアレグリ、アメリカのブランドであるポール・スチュアートの新作も同時に紹介している。

今回の注目ポイントは、吸湿発熱機能を持つ素材「マックスサーモ ソフト」を使用したコート「スマートウォーマー」だ。

自社ブランドのサンヨーでは、昨年に続き吸湿発熱機能を持つ素材「マックスサーモ ソフト」の中わたを使用したコート「スマートウォーマー」を発表。

前回よりもやわらかく軽くなり、着心地が良くなった。

ライナーに使っているため、必要のないときは外すこともでき、長い期間着られる。

また、40〜50代の新しい客層に向け、従来よりも細身でシャープなシルエットの「ニューベーシックライン」を発表。

ほっそりした印象を与えるコートは、今後人気が出そうだ。

その他、帯電防止加工の「ゴアテックス」の裏地を用いたコートや、「メイド・イン・ジャパン」を押し出した「繊維の宝石」と呼ばれる海鳥綿を使ったコートなどをそろえた。

イタリアのブランド、アレグリはビジネスコートを発表。

本国でも展開する「ミラノライン」はイタリアらしいラインを持ち、ドレッシーなシルエットが印象的だ。

取外しの効くライナーにはナイロン素材のベストを使用するなど、おもしろいデザインのコートもある。

今秋冬からはアメリカのブランド、ポール・スチュアートも展開。

「コンテンポラリークラシック」をコンセプトに、ステンカラーやチェスターコートなどのクラシックなコートを発表。

一部のコートで、「マックスサーモ ソフト」を使用している。

また、濃色に偏りがちなコートの色の展開を豊富にし、コート売場での見せ方もグラデーションをつけるなど、変化をつけていくという。