”ウチカフェ”ではパスタが人気。しかし手間がかかるという課題あり

写真拡大

日清フーズは、トレンドに敏感な主婦に対し、自宅でちょっとぜいたくなカフェスタイルの時間を過ごす”ウチカフェ”に関する調査を実施。

”ウチカフェ”というライフスタイルが主婦の間に浸透し始めている実態や、”ウチカフェ”ランチでのパスタの人気の高さや、その課題が明らかになった。

調査期間は5月24日〜28日、25歳〜59歳の主婦105名に対してインターネットで調査した。

”ウチカフェ”という言葉を知っているか調べたところ、73%の人が「何度も見たり、聞いたりしている」と答え、20%の人が「一度は見たり、聞いたことがある」と回答。

両者をあわせると9割以上が知っていることになり、主婦にとって”ウチカフェ”というワードは、かなり広く浸透しているようだ。

また、”ウチカフェ”を実際に試したいかどうかについては、76%の人が「とてもそう思う」と回答している。

”ウチカフェ”で食べたいと思うものについては、99%の人が「パスタ」と答え、圧倒的な支持を得た。

2位「スープ(67%)」、3位「サンドイッチ(64%)、4位「ピザ(62%)」といったメニューも人気を集めている。

1位のパスタについては、83%の人が「おいしく作るのが難しい」と答え、「作るのに手間がかかる」と感じているという人も70%にのぼることが分かった(複数回答)。

「ソースを作るのが面倒。

うまくパスタがゆでられない」「1人分作るのは面倒臭い」などの意見が挙がり、1人でランチをとることも多い主婦にとって、普段のランチでパスタを一から作るというのは、若干ハードルが高いようだ。

「簡単においしいパスタが作れるなら、もっとパスタを食べる機会を増やしたいですか?」と聞くと、72%が「とても思う」と答え、28%が「まあ思う」と回答。

”ウチカフェ”ブームを知り、実践したいとは思いつつも、大きな手間まではかけたくない、という主婦の意識がうかがえる。