いつの間にか体に染み込んでしまったかもしれない社会人的フレーズ



社会に出ると、知らず知らずのうちに社会人らしい話し方が身に付いていくもの。中には、そんな話し方が体に染み込んで、いつも同じようなフレーズを使ってしまうという方もいるのではないでしょうか。マイナビニュース読者に、「仕事でいつも使ってしまうフレーズ」をアンケートしました。



調査期間:2012/5/8〜2012/5/11

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 946件(ウェブログイン式)



■基本フレーズ編



・午後一(ごごいち)

「入社して最初に覚えた仕事上の言葉だから」(25歳/女性)



・これでいいね!

「だらだらしたくない。決定は素早く」(35歳/男性)



・恐れ入ります

「言いづらいことは、大体恐れ入りますから入ればOK」(25歳/女性)



・ほうれんそう

「後輩に報告、連絡、相談をちゃんとするようにと指導しているから」(27歳/男性)



・で、締め切りは?

「締め切りのない仕事なんてないから」(29歳/男性)



・やっちゃった〜!

「よく失敗するから」(31歳/女性)



・じゃ、その方向で

「したいことをうまい具合に伝えることができるから」(30歳/男性)



日本人的なぼやかしフレーズもあれば、実体験から湧き上がってくるようなフレーズもあるようです。



■専門職フレーズ編



・結果は次回の診察の時に担当医からお尋ねください

「身分的に」(44歳/男性)



・命の次に大切なお金ですから!

「お金を扱う仕事なので」(23歳/男性)



・お客さまに「〜でございますね!」

「口癖で必要以上に『ね!』をつけてしまう」(26歳/女性)



・消費者センターへご相談ください

「ご案内することが多いから」(29歳/女性)



・hello, how are you?

「英会話講師なので」(28歳/女性)



職業柄、言わざるを得ないフレーズの数々。言いたいかどうかというと、それはまた別の話かもしれませんけど。



■専門用語フレーズ編



・スキームを検討します

「企画をする際に色々なスキームを検討するので」(29歳/女性)



・コンプライアンス的に

「何かかっこいいので使ってしまう」(28歳/男性)



・アグリーする

「上司がよく使っているのでうつってしまった」(29歳/男性)



確かに最近耳にすることも多い、こうした横文字フレーズ。個人的には、こういうのって言ってみたいだけなんじゃ……なんて思ってしまうのですが、どうなんでしょうか。



■名言風フレーズ編



・仕事に雑用はない

「些細な仕事をさせるとすぐ文句を言う人間がいるので」(45歳/男性)



・言い訳は棺桶の中で

「言い訳なんて聞きたくないから」(35歳/男性)



いつも言ってるんだ……と思うと、なおさらすごいフレーズに聞こえてきます。



社会人としての経験値が高まれば高まるほど、こうしたフレーズを多用してしまうようになるのかもしれません。さて、皆さんが多用してしまうフレーズは何ですか?



(根岸達朗/プレスラボ)