(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●炎上、新野城!
曹操軍の大将である曹仁は誰もいない新野城を占領し休息をとります。しかしこれは孔明の罠、新野城に火矢を放ち曹操軍を火攻めにします。さらに川沿いへ逃げる曹操軍、今度は関羽の水攻めに遭い曹操軍は壊滅状態に陥ります。

これらによって曹操軍10万は殆ど死亡してしまいます。

※今回の敗北の責任を問われ、神々・竜々は百叩きの刑というお仕置きプレイを受ける羽目になります。
●劉備、さらに樊城も捨てる!
樊城に居を構える劉備ですが、樊城では曹操軍の襲来には耐え切れません。そこで劉備軍はさらに江陵へと移動しようとします。

一方、曹操軍は降伏した劉軍の蔡瑁に水軍の全権を与え、劉と蔡夫人(劉の母)には西涼の守備の任務を与えます。但し、これらは曹操の策略。結局、劉と蔡夫人はその途中で許褚に暗殺されてしまいます。

※結果だけ見れば、劉の曹操への降伏は間違いということになります。
●関羽、江夏へ使者として参る!
劉の暗殺により、曹操軍の劉備軍への追撃は急を告げます。そこで劉備は江夏の劉へと援軍を依頼する使者として関羽を指名します。

その途中、関羽は勝平がこっそりやってきたので彼に赤兎馬を任せ、身代わりを活用した関羽は江夏へ向かう事に成功します。
●不吉な赤い星
孔明は赤い星を見て、劉備の身に不吉な事態が発生することを察します。

孔明の提案では劉備についている数万人の領民を切り捨てる事でその不吉な事態は逃れられると考えていますが、劉備にはそれが出来ません。

それが出来ない劉備の義、それが次なる不幸を招く事になるとは…。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト