ヒロコレッジ高橋理子の展覧会「ON PURPOSE」インスタントフィルム再生の背景を作品に

写真拡大

 プロダクトブランド「HIROCOLEDGE(ヒロコレッジ)」を手がけるアーティスト高橋理子の展覧会「ON PURPOSE」が、東京・中目黒のプロジェクトスペース「Impossible Project Space」で7月20日から開催される。オランダ発のインスタントフィルムの再生産プロジェクト「Impossible」のインスタントフィルムが持つ背景にインスパイアされた作品を展示。フィルム上に意図せずして生まれる現象を、高橋理子の視点で意図的に見せる実験的な催しとなる。 ヒロコレッジ高橋理子の展覧会の画像を拡大

 円と直線のみで表現した作品を発表しているアーティスト高橋理子による「ON PURPOSE」は、もの作りの背景に焦点を当て、生み出されるものへの向き合い方を再考し、固定観念を覆すきっかけを見出すためのプロジェクト。第1弾は転写紙を使用した有田焼のプレートを通じて、大量生産の中に人の存在を感じさせる試みを行った。続く第2弾では国立新美術館「SFT GALLERY」を会場に、先人の生み出した豊かな文様に高橋の感性で新たな伝統を加えたハンドプリントのコットンスカーフを展示。そして第3弾となる「ON PURPOSE」では、高橋が「素敵なものをそこに収めて、美しい写真を展示することよりも、このフィルムの存在を前面に押し出した」という作品を展示し、「Impossible」のフィルムが誕生するまでの経緯など、背景に隠れた部分にフォーカスを当てる。 「Impossible」は、ポラロイド社のフィルム生産停止を受けて立ち上げられたプロジェクト。ポラロイド社で使われていたオランダの工場を買取り15種類のフィルムを販売する傍ら、ウィーン、NY、パリ、東京にプロジェクトスペースを構えて様々なアーティストとコラボレーションし、インスタントフィルムの認知を広げる活動を続けている。■ON PURPOSE 会期:2012年7月20日(金)〜 2012年8月5日(日) 会場:Impossible Project Space    東京都目黒区青葉台1-20-5 OAK BLD2F 定休日:月曜日 OPEN:12:00〜18:00(火・木・日)  12:00〜20:00(水・金・土) 問合せ:Impossible Tokyo 03-5459-5093