(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●束の間の安らぎ
曹操軍10万を退けて大勝利を収めた劉備達、劉備と淑玲の子である阿斗(後の劉禅)の笑顔を見て安らぎます。特に張飛の顔を見て笑う阿斗、将来は大物になりそうです。

それを羨むのは勝平、彼は父と生き別れとなり寂しい胸の内を関羽に話します。すると関羽は池に映る勝平の顔を父の顔だと言い聞かせます。

※後に勝平は関羽の養子となり、関平と名乗るようになります。
●劉表の死
荊州の劉表はその死期が近い事を悟ると劉備を呼び寄せ、後継者となるよう依頼します。しかしながら劉備はまたもや固辞し、曹操軍の襲来の報を受け出撃します。

そこで劉表は劉を後継者、劉備を後見人とすると遺言で認めたのですが…。

ところが腹心である蔡瑁は自身の甥でもある劉を後継者に指名したと遺言を書き替えてしまいます。

その後まもなく、劉表は死去してしまい劉が後継者となってしまいます。
●劉の曹操への降伏、新野城を捨てる劉備
劉表の死去によって後継者となった劉は蔡瑁と共に曹操へ降伏します。それによって劉備は1万弱の兵力で50万以上の曹操軍と正面から戦う事になってしまいます。

そこで孔明は劉備軍を新野城から樊城へと全兵力と住民を移動させる策略を立てます。但し、これには張飛のみならず関羽も疑問に思いますが…。

※実は「空城の計」というもので、あっさり城を占領し油断した曹操軍を火攻めと水攻めで壊滅させようというものです。
●間抜けにも引っ掛かる神々・竜々
曹操軍の斥候として派遣された神々・竜々、その報告を受けた曹操軍は新野城へ入り休息を取ります。ところが劉備軍の火攻めに遭い大混乱。そして慌てて新野城を出ようとする曹操軍ですが…。

※神々・竜々が悪いというよりも、彼等を斥候に指名した曹操軍に問題があるのは間違いないです。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト