緊急事態発生! 洋服についてしまったシミの応急処置




おしゃれをしているときに限って、食べこぼしが洋服についてしまう……。とくに、白い洋服におしょうゆのシミをつけてしまったときなど、悔しいやら恥ずかしいやら。「すぐに何とかしなくちゃ!」と焦りますよね。ただ、シミは簡単には落ちません。間違った応急処置のために、お気に入りの一着がダメになってしまうことも。そこで、有限会社しみぬき大栄の岩渕強さんに、外出先で洋服にシミをつけてしまったときの、正しい応急処置についてお話をうかがいました。



とにかくあわてないこと



「シミの原因によって、正しい染み抜きの方法は違います。そして、間違った処置をすると、洋服がダメになってしまうことも。一度間違った処置をしてしまうと、専門店の染み抜きでも落ちなくなることが多いため、本当はそのまま放置して専門店に染み抜きを依頼するのが一番なのです」(岩渕さん)



とは言え、外出先でシミがついてしまったら、そのまま一日を過ごすのは恥ずかしいですよね……。



絶対にこすっちゃダメ!



「しょうゆやビールといった水性の汚れなら、応急処置できれいにすることも可能です。ただし、絶対にこすらないこと。こすってしまうと、繊維が傷んでしまいます。一度傷んだものは元には戻らないので、気をつけてください。



シミの部分に下からタオルをあて、水を含ませたタオルなどで上からたたくようにすると繊維を傷つけません。シミの色が落ちにくいようなら、薄めた中性洗剤をタオルに含ませても良いでしょう。飲食店なら、厨房(ちゅうぼう)で食器洗い用の中性洗剤を借りられると良いですね」



油性のシミはかなり手ごわい



「口紅やインクなどは、油性のシミです。食品でも、油分を含んだソースなどは油性の汚れですね。油性のシミがついてしまった場合、水で落とそうとするのは厳禁です。水を含ませると、油性の汚れが繊維にしみ込んで落ちなくなってしまうのです。



染み抜き専門店では、油性汚れをベンジンで落としています。同じ様な性質のものとして、クレンジングオイルなら応急処置も可能でしょう。ただ、完全には落ちないと思います。あくまでも、シミを目立たなくするための応急処置として考えてください」



油性のシミは、下手に触ると危険なようです。クレンジングオイルなら携帯している女性も多いのでは? 取りあえず、応急処置でその日を乗り切ったら、後は専門店に任せた方が良さそうですね。



貸衣装にシミをつけてしまったら……



「貸衣装を汚してしまったら、慌ててしまいますよね。しかし、貸衣装の場合は、どういったシミでもそのまま返却した方が良いと思います。間違った処置をすると繊維が傷みますから、最悪の場合は買い取りになってしまうケースも。汚れの色が落ちていても、繊維の傷みは業者が確認するとわかってしまうものです。



シミがついた状態で返却すると、染み抜き代金を請求されるかもしれません。それでも、買い取りより安く済むでしょう。返却時には、何のシミかをきちんと伝えてください」



歯ブラシの活用も効果的



「化繊の服に水性のシミがついた場合は、水分を含ませて歯ブラシでたたくのも効果的ですね。ただし、シルクやウールの衣類では絶対にしないこと。特にシルクは、すぐに生地が傷んでしまいます」



洋服を汚してしまうと、とっさにおしぼりなどでこすりたくなりますよね。それで洋服をダメにした経験がある……という人も多いのでは? まずは落ち着いて、繊維やシミの原因を確認した上で、上手に対処しましょう。食事の席などでテキパキとシミの応急処置ができれば、ポイントアップ間違いなしですよ!



(OFFICE-SANGA 森川ほしの)