いよいよ夏が近づいてくると、女性誌に踊るのはスキンケアの文字。どの雑誌でもこぞって夏のUVケアや美白方法を掲載しています。30代女子をメインターゲットにした『In Red』もその例に漏れず、8月号では「夏でも崩れない肌づくり」や美肌のためのコラムが。その中のひとつ「オーガニック&ボタニカルコスメ」のページでは、スキンケアの面白いアプローチが掲載されていました。

 まず、オーガニック&ボタニカルコスメというのは、ケミカルなものにあまり頼らず、植物など自然の成分を取り入れてつくられたコスメのこと。ナチュラル志向が高まる中、今注目を浴びているコスメです。そうしたオーガニックコスメをクレンジング、保湿、美容液など分野に分けて紹介しているのですが、目を引くのが「フラワーエッセンス」というもの。「ストレスは美容の大敵」という言葉もありますが、フラワーエッセンスは、ストレスのタイプやバイオリズムに合わせて飲む、ドリンクタイプのコスメ。「花のエネルギーを体内に取り込む」ことができるのだそう。確かに、ストレスが減れば肌の調子も良くなるはずですから、ストレスをコントロールすることは、ある意味原点回帰の最先端のスキンケアといえるかもしれません。

 スキンケアといえばこの時期避けて通れないのがUVケア。紫外線なんて女性にとっては聞くだけで憂鬱になってしまうものですが、もしこの紫外線がお金になるとしたらどうでしょうか。

 実は今、紫外線を使った一風変わったキャンペーンが行われています。千趣会の運営する通販サイト「ベルメゾンネット」で行われている「ベルメゾンのUVお見舞い申し上げます」というキャンペーンで、住んでいる地域の紫外線量に合わせて割引価格で商品が購入できるというもの。

 具体的には、まずFace bookやTwitter、mixiといったSNSでキャンペーンサイトにログインし、居住エリアを選択すると、自分がいるエリアの「本日の紫外線情報」を見ることができます。そしてその紫外線量に応じて割引金額が変動するクーポンがもらえるとのこと。クーポンは紫外線対策グッズを購入するのに使えるそうなので、紫外線が強ければ強いほどその対策もしっかりできる、というもの。

 紫外線も意識できて、商品も割引されるというこのキャンペーン。夏本番を迎える前に、こうしたクーポンを賢く使って紫外線対策するのも良いかもしれませんね。

【関連リンク】
「ベルメゾンのUVお見舞い申し上げます」  




『鍵のない夢を見る』
 著者:辻村 深月
 出版社:文藝春秋
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
貫井徳郎氏「3度目」の直木賞候補作『新月譚』は想定外の「ラブストーリー」
デビュー作で直木賞受賞なるか、女流棋士を描いた宮内悠介氏の『盤上の夜』
視聴率40%の韓国ドラマを生み出すヒットメーカーの一冊を日本語訳で


■配信元
WEB本の雑誌