(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●江夏、孫権に攻められるも
劉表の領地である江夏、それを孫権はあっさりと占領してしまいます。そこへ駆け付けたのは劉表の長男である劉、流石に孫権軍に勝てるとは思えませんが…。

新野の劉備軍、張飛が劉の応援部隊を出そうと進言するも孔明はこう言います。

孔明「何もしなくとも孫権は撤退します!」

俄かには信じ難い事を発言する孔明に張飛は憤慨します。ところが数日後、孫権は撤退します。

※その理由に劉がいた事。孫権が劉を倒すのは容易いけれど劉表や益州の劉璋もいるため迂闊には倒せず、曹操軍はその隙に孫権軍を攻撃してきたら確実に負けてしまいます。これらは周瑜の予測なのですが、孫権は渋々従います。

これも孔明が劉を江夏へ配置した意図がはっきりしました。このことは張飛も認めざるを得ません。しかし、張飛は民兵の募集について頑として否定的です。
●曹操、新野を攻める!
曹操軍は10万の軍勢を揃え、夏侯淵を大将として新野の劉備軍に総攻撃を掛けようとします。

そこで劉備は孔明に全ての作戦を一任し、孔明に劉備の剣を預けます。

その夜の作戦会議、孔明は趙雲に先陣を任せ、関羽・劉備に伏兵をさせます。そして張飛には民兵3000人を持って後詰めに当たらせようとしますが…。

この作戦に民兵を信用していない張飛は激怒!そこで孔明は劉備から借りた剣を翳し厳しい態度を示します。
●勝利する劉備軍。張飛、民兵を失う事で…
曹操軍の夏侯淵達は孔明の予測通りに動きます。しかも、関羽は曹操軍の兵糧を奪いとる事に成功します。

かなりの損害を受けた曹操軍、その後詰めに張飛と民兵が突撃ようとします。しかしながら、民兵は当初緩慢な動きで役に立たなかったのですが張飛の奮戦に奮起し曹操軍の歴戦の兵士達を打ち勝つ事に成功します。

※但し、民兵も数百人失います。張飛が自らの指揮によって失った民兵を悼みます。
●孔明、張飛とも水魚の交わりとなる
今回の戦の祝勝会、いつもならば酒には目が無い張飛ですが今回の自らの至らなさで民兵を失った事にひどく心を痛めます。そして一人、墓地へ足を運びますが…。

そこに現れた孔明は張飛を慰め、そして彼等(民兵)のために戦う事を共に誓います。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト