海ナンパは第一声で決まる!一緒に遊んで正解な男とは?


女同士で海に行くならすることは1つ、ナンパ待ち。声を掛けてくる男はたくさんいるけれど、その中で「今日は楽しかった!」と思える1日を過ごせる相手もいれば「あぁ今日は失敗だった」と思う相手も。せっかくの短い夏の1日を無駄にしないために、付いて行って正解のナンパ男と失敗のナンパ男の最初の声のかけ方を紹介します。







■正解1「一緒にビーチボールしない?」



海の定番ビーチボール。自己紹介もそこそこにビーチボールという1つの共通の話題ができるので、会話に困ることもなく、すぐに一体感が生まれます。



夏の思い出にビーチボールは1日に1回はしておくべし。



■正解2「乾杯〜!」



いきなりビールを片手に乾杯を求めてくるナンパ男。お酒をコミュニケーションの手段だと考えているタイプなので、お酒は好きなだけおごってくれるでしょう。



また、ノリも良く、女の子たちを飽きさせないタイプなので、一緒にいて損はないはず。



■正解3「夜BBQするんだけど、参加してもらえませんか?」



女の子だけで来て海でBBQをするのは至難の業。そこに何の準備もなくゲストとして招待されるのは実は結構レアなケース。



BBQというキーワードには取りあえず食いついて!



■正解4「すみません。先輩にナンパしろって言われたんですけど、来てもらえませんか?」



このパターンの場合、若者のイケメンにナンパを頼んで割とお金を持っているおじさんがシートでデンと構えて待っているパターンが多い。



お酒や食べ物はおじさんがたくさん提供してくれるし、イケメンとは「先輩大変だね〜」などと言って、初対面にも関わらず仲間意識が生まれて楽しめたりする。



■失敗1「どこから来たの?」



この定番中の定番の質問をしてくる男たちは、この後も永遠にプロフィールを根掘り葉掘り聞いてきます。



プロフィールを一通り聞かれた結果、話題がなくなったら「じゃあ番号教えてもらえます?」と、いきなりクロージングしてくるのがオチ。



■失敗2「もう何人にもナンパされてると思うんですけど」



本人たちは気を遣って謙遜(けんそん)しているつもりかもしれませんが、ナンパ男に謙遜(けんそん)されても女の子としては何のメリットもありません。



この後の会話も「今日何人に声かけられた?」「良い男いた?」などと、謎の探りを入れられ、面倒くさいパターンです。



■失敗3「日焼け止め塗ってもらえませんか?」



普通にいきなり話しかけられた男の背中に日焼け止めを塗るのは嫌だし、もし塗っても良いほどのイケメンだったとしても、こうやって声をかけてくるのは「この子はイケる」と判断しようとしているので、相手にしないのが一番。



下心しかありません。



■失敗4「今夜花火しようよ」



「花火したーい!」と思ってこの第一声を発する男たちに付いて行くのは危険!花火を本気でしたいと思っている男はナンパなんかしてきません。



彼らは「夜の海+花火=イケる」という方程式を勝手に作っているのです。



■おわりに



いかがでしたか?



第一声でナンパ男を取捨選択して、楽しい夏のいっときを過ごしてください。



(中條夏子/ハウコレ)