イマドキ女子の出会いの場は「ネット」? - カンロ出会いに関する調査

写真拡大

カンロは6月29日〜7月2日にかけて全国の20〜30代の女性を対象に、「出会い」に関する調査を実施した。

調査はインターネットを使って実施し、208の有効回答が得られた。

まず、「新しい出会いを求めていますか?」と尋ねたところ、「求めている(25%)」、「やや求めている(16.4%)」、「自然な出会いに期待している(36.2%)」という回答が得られ、合計して約8割が出会いを求めていることが分かった。

一番多い回答は「自然な出会い」で、出会いに奥手な部分がある様子がうかがえる。

続いて「ここ1年以内に、恋に発展するような新しい出会いがありましたか?」という質問に対し、約8割が「ない」と回答。

48.3%と約半数が3年以上出会いがないと回答している。

出会いを求めているものの、1年以上出会いがない人が多いのが現実のようだ。

また、新しい出会いの場として「インターネット」を挙げ、「インターネットで出会った人と、実際に会ったことがありますか?」と質問したところ、41.8%が「ある」と回答した。

その後どうなったか尋ねたところ、約7割が友達や恋愛に発展したと回答。

付き合ったと回答した人は25.3%、結婚したと回答した人も11.5%おり、現代女性は「インターネット」を大切な出会いの場として活用していることが明らかとなった。