50代、60代男性の約6割が更年期障害の疑いあり-城西クリニック

写真拡大

メンズヘルス外来を開設している城西クリニックは、一都三県在住の50〜69歳の男女各200名を対象に「加齢と更年期に関する意識調査」を実施した。

調査結果から、男性更年期障害の認知度と理解度の低さが浮き彫りになったという。

また、医療現場で多く用いられている簡易チェック(AMSスコア)を実施したところ、男性の63.5%に軽度〜重度の男性更年期障害が疑われることがわかった。

調査期間は2012年5月11日〜13日。

男性に男性更年期障害について尋ねたところ、「具体的な症状も知っている」と答えた男性は13.5%であり、25.0%は「知らない」と回答。

一方、女性に女性の更年期障害について尋ねたところ、「具体的な症状も知っている」と回答した人は83.5%となり、男性の更年期障害に比べて認知度が約6倍も高い結果となった。

男性更年期障害の認知に関して、「具体的な症状も知っている」「聞いたことはある」と回答した男性に、男性更年期障害の症状について尋ねたところ、「イライラ(28.0%)」、「憂うつな気分(27.3%)」、「総合的に調子が思わしくない(26.7%)」、「行動力(やる気)の減退(26.7%)」が認知度の高い症状として挙げられた。

一方で、「ひげの伸びが遅くなった(0.7%)」、「関節や筋肉の痛み(7.3%)」、「ひどい発汗(8.7%)」の3つの症状が特に認知度が低い結果に。

精神的な症状については知られているが、肉体的な症状については認知度が低いことがわかった。