ランボルギーニ、レース用モデルがベース”究極のガヤルド”の興奮を公道で!

写真拡大

ランボルギーニ ジャパンは13日、ガヤルドシリーズの究極のトップモデル「LP570-4 スーパートロフェオ・ストラダーレ」を発表した。

ベースモデルは世界最速のワンメイクレースとして知られるランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフィオ用マシンだ。

同モデルはレース用モデルとまったく同じ最高出力570PSのV10エンジンを搭載。

他にもレース用モデルと共通する点が多い。

外観からすぐにわかるのは、巨大なリアスポイラー。

「ガヤルド LP560-4」の3倍ものダウンフォースを発生し、コーナリングの限界を引き上げる。

カーボンファイバーをふんだんに使用した軽量構造もレース用モデルそのまま。

同車の乾燥重量はわずか1,340kgで、「ガヤルド LP560-4」より70kgも軽量化されている。

エンジンと同じく、トランスミッションもレース用モデルと同じ6速ロボタイズド・ギアボックスを搭載。

シフト操作はステアリングホイールのシフトパドルで行い、電子制御で自動的に行われるギアチェンジはスムーズそのものだ。

サスペンションは4輪に軽量なアルミニウム製のダブルウィッシュボーンを採用。

19インチのホイールは、じつにホイールだけで13kgもの軽量化を達成している。

さらにホイールベアリングとボルトはチタン製だ。

ブレーキはフロント8ピストン、リア4ピストンキャリパー、ディスク系はフロント365mm、リア356mmを採用する。

同モデルの価格は2,987万5,000円で、150台限定生産となっている。