パナソニック、半年前倒しで一般家庭用白熱電球の生産を終了

写真拡大

パナソニックは省エネランプの普及促進への取り組みを加速させ、一般家庭用白熱電球(E26口金タイプ)の生産終了を半年前倒しして実施する。

同社は2008年5月の経済産業省発信における“省エネランプ等の普及促進対策”に従い、白熱電球代替の電球形蛍光灯などを生産・発売し、省エネを促進。

2009年10月のLED電球の発売以降、2012年7月末時点で合計48機種(54品番)をラインアップし、品種拡充を推進している。

同時に、一般家庭用白熱電球の生産品目を207機種(2008年)から段階的に減らし、2012年現在、生産しているのは長寿命シリカ電球4機種のみ。

同製品の生産は2013年3月31日に終了予定だったが、半年前倒しして2012年10月31日に生産終了する。

なお、特殊電球については提供が必要と判断し、引き続き生産する。