放射能のこと、もっとよく知りたい! -消費者のための放射能連続講座

写真拡大

有機食材宅配で知られる大地を守る会では、放射能問題の専門家を招いて、消費者のための放射能連続講座を開催中。

次回の講座は7月21日に開かれる。

この講座は、昨年3月12日に発生した東京電力福島第一原発の事故以降、いまだに続く放射能問題に対する消費者の不安を、少しでも解消するために企画されたもの。

これまで合計231名(第1回122名、第2回109名)が参加するなど、高い関心を集めている。

消費者の関心の高い6つのテーマを設定し、汚染の実態と今後の予測、海の汚染状況、低線量内部被ばくの問題など、それぞれの専門家が講演を行う。

7月21の第3回は「測定を市民のために〜陰膳法から学ぶ〜」がテーマ。

各地の自治体で取り組みの始まっている「給食まるごとセシウム検査」など、放射能測定機器を私たちの生活にどう生かすべきかを学ぶ。

参加希望の人は「大地を守る会公式ホームページ」より申し込みを。

【第3回イベント概要】 ■タイトル:「測定を市民のために〜陰膳法から学ぶ〜」 ■講師:早野龍五氏(東京大学大学院理学系研究科教授) ■コーディネーター:津田大介氏(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト) ■日時:7月21日 13:30〜16:00 ■場所:千代田区立日比谷図書文化館 ■参加費:大地を守る会の宅配会員・ウェブストアユーザーは無料。

非会員は500円。