真っ白でモフモフの超巨大猫ラグドールに会ってきた-猫カフェキャテリアム

写真拡大

小田急線下北沢駅を降りて北口を出ると、下町の風情ある街並みを見ることができる。

その道をぶらぶらと5分ほど歩くと、かわいらしいお尻の猫ちゃんがついた看板が。

猫カフェ「キャテリアム」である。

中に入ると、落ち着いた照明の広々とした空間の中で、思い思いにすごしている猫たちと対面できる。

店内には猫が遊ぶためのおもちゃやタワーがたくさん用意されており、訪れた人が猫と遊ぶためにも使うことができる。

まず視界に入ったのは、鍋の中でくつろぐこの猫ちゃん。

アメリカンショートヘアーの男の子、ベン君だ。

アメリカンショートヘアの原産国はアメリカで、ねずみ捕りのための家猫として飼われることが多かったという。

一般的にはベン君のようなシルバーの毛色が有名であるが、実は三毛や茶トラなど、さまざまな毛色があり、その数なんと100種類にのぼるという。

温厚な性格で、猫飼い初心者向けの猫と言われる。

ベン君は、ジャンプが得意だそうで、運動神経はキャテリアムの猫たちの中でもトップ。

食いしん坊な子で、キッチンへの不法侵入を繰り返しているそうだ。

何やら不機嫌そうにも見えるが、時間は午後の2時。

ちょうど猫たちが眠くなる時間だった。

猫カフェにはアメリカンショートヘアが2匹おり、もう一人の男の子、ゆきち君はウインクをして迎えてくれた。

大の甘えん坊で、猫カフェの職員さんを初め、お客さんたちをもメロメロにする猫ちゃんだという。

キャテリアムには、いわゆる日本猫に当てはまる黒猫が三匹いる。

三匹とも保護された猫ちゃんたちで、見た目がそっくりだ。

日本猫は、ジャパニーズボブテイルと呼ばれるとても短いしっぽや、カギのように折れているしっぽが特徴で、世界的にはかなり珍しいとのこと。

日本にはもともと猫がいなかったが、奈良時代に中国から輸入されたのが始まり。

毛色は白やブチ、三毛などさまざまだ。

ネロちゃんは、とても物静かな女の子で、少し人間くさいところもあるそうだ。

動物ウォッチングが大好き。

グリ君は、とても自由な性格の男の子。

抹茶のラテが大好きだが、猫にはあまり体によくない飲み物なので、グリ君にとられないようにするのが大変だとか。

ココちゃんは、グリ君が大好きでいつも一緒にいるそうだ。

本名をココロちゃんといって、かなりの甘えん坊さん。

人にもよく慣れているそうで、どれだけ足がしびれても、かわいいココちゃんが膝に乗っていると我慢せざるをえないそうだ。

ウサギの帽子をかぶったモフモフの猫ちゃんもいた。

チンチラという種類で、毛色はシルバー。

名前は白(しろ)君。

寝起きで眠かったのか、しばらくこの状態で硬直したままボーッと過ごしていた。

同じ種類のゴールデンの毛色の子もいて、名前はぽんち君。

丸いかごにすっぽりとハマって眠っていた。

触ってみると、長毛種ならではのふさふさの毛で、高級じゅうたんのような手触りだった。

チンチラはイギリスが原産国の猫で、豊かな毛が特徴の長毛種。

おっとりしている反面、少々繊細といわれる性格だという。

グリーンの美しい瞳を持ち、白君の瞳もグリーンの色で、光の加減によっては金色に光る部分もあり、とてもきれいだった。

そしてふとレジの方を見ると、そこにも猫がいた。

オシキャットとスコティッシュフォールドのMIX猫、テラちゃんだ。

オシキャットはアメリカ原産の猫で、人懐っこく優しい性格だという。

運動量はかなり多く、たくさん遊んであげる必要があるとのこと。

まだまだ珍しい種類ではあるが、徐々に人気がでてきている猫種。

また、スコティッシュフォールドはスコットランド原産の猫。