渋谷パルコに世界初バイオハザードのレストランがオープン

写真拡大

 渋谷パルコパート1に7月13日、ホラーアクション・ゲーム「バイオハザード」の世界初の公式レストラン「BIOHAZARD CAFE & GRILL S.T.A.R.S.」が1年間の期間限定で出店した。作品に登場する架空の警察系特殊部隊「S.T.A.R.S.」のみが入ることの許される憩いの場という設定で、"荒々しいワイルド"なフードを食べ放題で提供。店内奥のガラスケースに捕われているクリーチャー「タイラント」が、プロジェクションマッピングを駆使して突如"動き出す"という演出が設けられている。 渋谷パルコにバイオハザードのレストランの画像を拡大

 渋谷パルコ パート1の7階に出店した「BIOHAZARD CAFE & GRILL S.T.A.R.S.」は、ゲームに登場する架空の警察系特殊部隊「S.T.A.R.S.」の世界観が表現されている。来店した客は「S.T.A.R.S.」の隊員となり、店内で日々の戦闘による疲労を癒やし、英気を養うというコンセプトを導入。スタッフが来店客の席で切り分ける「B.B.Q.グリル ラクーンスタイル」をはじめ、体力を回復させる「本日のSpecialカレー(時々ビーフシチュー)」や、アークレイの家庭料理「真夜中のビスク」、女性専用のヌードル「ジルVer.」、男性専用の「バリーVer.」などをラインナップ。食事中にガラスケースに入れられた「タイラント」が暴れ始めると、緊急事態「バイオハザード」の発令とともにニコラス・ペタス司令官の命令で女性スタッフ「S.T.A.R.S. Angelique」が出動。世界的に活躍するダンサーTAKAHIROの演出指導したという「S.T.A.R.S. Angelique」がアクロバティックなダンスで「タイラント」と戦うというパフォーマンスを披露する。料金は男性3,700円、女性3,300円。 「BIOHAZARD CAFE & GRILL S.T.A.R.S.」の総合プロデュースを担当したのはシー・ツー・エスのエグゼクティブプロデューサー兼元知大氏。「ドラゴンクエスト」や「ONE PIECE」などのリアル店舗のプロデュース経験を持つ兼元氏は、今回の出店について「渋谷パルコという場所に出店することで女性客の取り込みを狙う」として新たなファン層の拡大に期待を寄せた。 1996年にカプコンが展開をスタートした「バイオハザード」は、これまで4本の作品が映画化されている。4月に発売された最新ゲームソフト「バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ」ではファッションブランドとコラボレーションしたオリジナルアイテムを制作。9月には、新作映画「バイオハザードV リトリビューション」が上映される予定だ。■BIOHAZARD CAFE & GRILL S.T.A.R.S. URL:http://www.c2s.co.jp/biohazard/stars/