【行ってきたシリーズ】漫画家の梁山泊「トキワ荘」(跡地)へ行ってきた!

写真拡大

●漫画家の聖地に巡礼してきました!

(画像:中華料理店「松葉」より、清水サーシャ撮影)

皆様は「トキワ荘」というアパートをご存知でしょうか?

かつては漫画の神様と呼ばれた手塚治虫先生や、「ドラえもん」の藤子・F・不二雄先生、「忍者ハットリくん」の藤子不二雄Ⓐ先生、「ひみつのアッコちゃん」の赤塚不二夫先生、「サイボーグ009」の石森章太郎先生等、現在では鬼籍に入られた方も多くいますが現在でも極めて有名な漫画家の大御所・重鎮が勢揃いしていた事で有名なアパートです。

※残念ながらトキワ荘があった場所は日本加除出版株式会社という出版社が存在しているため現存していません。
●中華料理店「松葉」
さて、藤子不二雄Ⓐ先生の「まんが道」という作品に良く登場する中華料理店「松葉」、「まんが道」ではトキワ荘のすぐ隣に描写されています。

実は私も以前から気になっていたのでトキワ荘への聖地巡礼の際は「松葉」へ行こうと心に決めていました。

そこでトキワ荘の跡地の周辺を探すと…。ありました!「松葉」です。早速、店内に入ると妙齢の女性店員と常連客のお爺さん(82歳)がいました。

メニューを見るとその近くには藤子不二雄Ⓐ先生の「笑ゥせぇるすまん」の絵入り色紙が!

漸く辿り着いたという感動はさておき、今回はメニューの「トキワ荘ラーメンライス」を注文しました。

すると常連客のお爺さんがビールを奢って下さり、色々と面白い話(お爺さんは昔ながらのペンキ屋さんらしいのですが、その武勇伝の数々が凄かったです)を聞かせて頂きまして、約1時間あまりの楽しい時間を過ごさせていただきました、

かつて「トキワ荘」の英雄達が通った中華料理店「松葉」、50年以上経過しても殆ど変化が無いようです。変化があるのはその周辺といったところ。3代前の店主の代からあるようですが、「松葉」は更に50年経過しても存在しているような気がします。


【ライター:清水サーシャ】