美しさの秘訣は時間? 女性の約半数が身支度に「1時間30分以上」

写真拡大

シチズン時計が提供するWEBマガジン「リアルスケール」編集部は、同WEBマガジン上のアンケートで、第18回「みんなの身支度事情」を実施した。

対象は全国で20歳以上の男女3,397人。

調査期間は5月8日〜6月4日。

「朝起きてから、出掛けるまでの時間はどれくらいですか?」という質問をしたところ、平均時間は60分だった。

これを男女別で見ると、男性54分、女性70分となる。

「5分位内」から「30分〜40分程度」で身支度を済ませる男性の割合が42.3%なのに対し、女性は24.5%。

一方で、「1時間30分程度」から「2時間以上」かける女性は、合計で46.0%と半数近くにのぼっており、女性のほうが身支度にかける時間は長いという結果となった。

「朝の身支度で、最も欠かせない事は何ですか?」という質問では、男性の第1位は「朝食(18.9%)」。

2位に僅差で「歯磨き(18.7%)」が続き、3位以下の「洗顔(12.3%)」や「整髪(10.9%)」に差をつけた。

女性の第1位は「化粧(26.0%)」で、「とにかくまつげ命です(東京都・女性)」や「ごはんを食 べなくても、スッピンは無理(広島県・女性)」などの意見が寄せられている。

続く2位は「歯磨き(17.5%)」、男性の1位に選ばれた「朝食(13.3%)」は、「洗顔」に次ぐ4位だった。

さらに、「最短何分で身支度が可能ですか?」と聞いたところ、全体の平均時間は17分で、男性が15分、女性が20分と大きな差はない。

しかし、最短でも「30〜40分程度」「50〜60分程度」かかると答えた人に目を向けると、男性の18.2%に対して女性は32.1%。

約3人に1人の女性は、どんなに急いでも身支度に30分以上かかってしまうという結果となった。