日本最大級のペットSNSが、ユーザーと作った無添加ドッグフードを販売開始

写真拡大

ニジボックスは、ペットコミュニティSNS「ぺとりごと」にて、ユーザーと一緒にペットグッズを真剣に考えるサイト「みんなの商品開発部」を通じて意見を集め、ペットフードを製造するミネターと共同企画開発した手作りドッグフード、「ぺとりごはん」の販売を開始した。

「ぺとりごはん」は、ユーザーと共に本当に欲しいペットグッズを作る「みんなの商品開発部」に集まった意見を元に制作されたもの。

同サイトでの意識調査では、「日ごろ利用しているペットフードで心配に感じていること」をアンケート調査し、過半数を超える人たちから「フードの原材料・添加物が心配」という声が寄せられた。

「ぺとりごはん」は、このような結果から「本当に安心して利用することができる安全なペットフードはなにか?」という取材・調査を経て完成したという。

犬にとって本当に安全な食べ物は、人間同様に、新鮮な国産食材。

保存料・着色料はもちろん、合成ビタミン・ミネラルを利用するよりも、無添加が一番であるという結論に至った。

「体によくないものは与えたくない」、「ぺとりごはん」にはそんな思いが込められている。

本製品は、馬肉・鶏肉・魚肉の3種類の肉をベースに、野菜やハナビラタケなど12品目の食材を使用。

栄養バランスも考慮した、安心・安全な無添加のトッピング専用のペットフードで、いつも与えているフードを少し減らし、本製品を追加して与える。

「ぺとりごはん お試しセット」は、馬肉・鶏肉・魚肉の3種類を同梱(どうこん)し、価格は1,200円(税込み・送料無料)。

販売数量は限定100セットで、購入はホームペ−ジから。

「ぺとりごと」に登録しているユーザーの愛犬の写真をパッケージにプリントして販売する。