『クレヨンしんちゃん』のパパひろしは意外と高スペック? 韓国で「身長も学歴も平均以上」と話題に

写真拡大

韓国のインターネット上で、『クレヨンしんちゃん』の主人公、野原しんのすけの父、野原ひろしが実は高スペック(身体的特徴や学歴など)だと話題を集めている。

会社では激務に追われ、妻のみさえにはいいようにこきつかわれしまうひろし。だが、ある韓国人ネットユーザーがコミュニティーサイトに書き込んだ内容によると、ひろしの身長は「男性が望む平均身長の180センチ」あり、学歴は韓国の延世大学や高麗大学に相当する「早稲田大学」出身だという。さらに、妻は6歳年下で、子どもは2人、犬を1匹飼い、住んでいる家はローンが残っているものの2階建ての一軒家。家は「埼玉県春日部市」にあり、これは韓国ソウル近郊の新都市一山(イルサン)や、盆唐(ブンダン)のような場所だという。

ひろしのスペックが想像以上に高いと驚く韓国人ネットユーザーは多く、「意外と良い家庭を築いているじゃないか」「思ったよりも高スペック」「妻は6歳も若いのか」「唯一の欠点は顔?」などのコメントが集まっている。

臼井儀人によるコメディ漫画『クレヨンしんちゃん』は、韓国でも非常に高い人気を誇り、お菓子や文房具などさまざまな関連商品が発売されている。夕方にテレビを付ければ、大抵アニメチャンネルでは『クレヨンしんちゃん』が放送されている。



参照:マイデイリー
参照:マックスニュース

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。