肌魔女になるためにコラーゲン! でも効果的な摂り方してる? - 味の素調査

写真拡大

味の素は6月13日から15日にかけて40〜69歳の女性500名を対象に、「若さ」に関する意識調査を実施した。

調査の結果、40〜60代女性の多くは自身の若さを自覚しており、71%が自分のために「若くありたい」と思っていることが分かった。

最初に、「実年齢」と「見た目年齢」について尋ねたところ、約7割(66%)が「下に見られることが多い」と回答した。

「実年齢と同じに見られることが多い」は30%、「上に見られることが多い」はわずか4%だった。

現代の40〜60代女性たちの多くは、実年齢よりも若く見られているようだ。

「下に見られることが多い」と回答した方の「見た目年齢」の平均は、「マイナス6.3歳」だった。

また「あなたはご自身が、年齢を感じさせない若さを保つ “美魔女”だと思いますか?」と聞くと、12%が「思う」と回答。

約8人に1人が自身を「美魔女である」と思っていることが明らかとなった。

「あなたは誰のために若くありたいと思いますか?」という質問に対しては、「自分のため」という回答が71%で圧倒的。

「夫のため」(6%)、「子どものため」(5%)を大きく上回る結果となった。

「見た目の若さを左右するポイントは“肌の美しさ”だと思いますか?」と質問すると、89%の女性が「そう思う」と回答。

さらに「あなたは肌魔女(年齢を感じさせない肌の美しさを保っている女性)になりたいと思いますか?」という質問には、68%が「そう思う」と回答した。

また、半数以上の女性が若さや美肌を保つために、サプリなどを摂取していると回答し、その内訳は「コラーゲン」(62%)、「ビタミンC」(59%)、「ヒアルロン酸」(35%)、「カルシウム」(24%)などが挙げられた。

「コラーゲン」は女性たちの中で、美肌づくりに欠かせない成分として認識されている様子がうかがえるが、同調査ではコラーゲンの知識や効果的な摂取方法を理解している人は少ないという結果が出た。

コラーゲンの吸収されやすさを意識して摂取している人はわずか35%だった。

エイジングスペシャリストの朝倉匠子さんによると、「コラーゲンは体に吸収されやすいように低分子(ペプチド)コラーゲンを摂取することが大事」と言う。

コラーゲンが体で合成される速度は加齢とともに衰えるため、その速度を上げることも重要。

コラーゲンを作る速度を上げるためには、肌コラーゲンを効率よく作ってくれる「アミノ酸」を摂取することも必要とのこと。