リアルマネーでFX自動売買
「FXの自動売買をリアルマネーで体験し、記事化せよ」。これが編集長から与えられた今月の課題だ。FXの経験は十分にある。これまで幾度となく、テクニックや相場予測なども記事にしてきた。しかし、自動売買は初の試みだ。果たして、なけなしの虎の子は増えるのか?


キーボード操作だけで簡単設定。バックテストもワンクリックでOK

為替相場は基本的に24時間稼働する眠らないマーケットだ。最強のストラテジーを組んだ自動売買を走らせれば、寝ている間も勝手にサクサクと利益確定し、資産がみるみる増えていくはずである。そんな希望を抱いて、FX(外国為替証拠金取引)の自動売買にチャレンジした。

FXの自動売買といえば、「MT4(メタトレーダー4)」が有名だが、ロシア製のシステムということに加えて高度なプログラミングも必要で、パソコン音痴にはハードルが高い。実際、これまでもMT4にチャレンジしてきたが、チャートを出すだけでも後輩編集部員の手助けを必要とした。

「MT4を立ち上げたんだけど、いまいち画面が見やすくないんだよね。背景をホワイトにして、ボリンジャーバンドとストキャスティクスを表示してくれないかな」ーこんな感じだ。

なかば諦めていたところに、簡単に自動売買ができる「カブロフ」というシステムの存在を知った。提供するのはトラヴィス・コンサルティング。さっそく取材をお願いした。

「カブロフのいいところは、日本語ができれば、簡単に自動売買が組めるところ。テクニカル初心者でも、パソコンのクリック作業だけでいいルールを探し出すことが可能です。現在、カブロフを取り扱っているFX会社は、セブンインベスターズだけです」(トラヴィス・コンサルティング/畠山一教さん)

聞けば畠山さん、これまで5000人以上のトレーダーを指導してきたFXの第一人者だという。

「まず、基本的なところで、移動平均線を利用したシステムを組んでみましょう」と畠山さん。パソコンを取り出し、5分程度でシステムを組み上げてバックテストを行なう。

「重要なのはバックテストによるデータの検証です。同じストラテジーでも通貨ペアやチャートの時間軸が異なれば、結果も変わってきます。バックテストの結果はグラフで表示されますので、納得がいくまで設定を変えて検証してください」(畠山さん)

畠山さんに組んでいただいたストラテジーが上のものだ。バックテストの結果、通貨ペアはユーロ/円の日足を採用。ちなみに、ドル/円の日足では利益は出ているものの安定感に欠けるし、ユーロ/円の1時間足だとマイナスになるという結果がバックテストに表れた。

なお、上のストラテジーだが、赤や青になっている文字部分はすべてパソコンのマウスで選択するだけという簡単なものだ。

あとは、このストラテジーを走らせるだけで、就寝中も原稿を書いている間も、勝手にシステムが稼働し、"虎の子" を増やしてくれるはずだ。

と、ここであることが頭をよぎった。移動平均線だけのストラテジーであれだけの結果が出るのだから、もっと複雑なテクニカル分析を取り入れたら、すごいことになるのではないだろうか……。




自動売買開始まではたったの3日

?パソコンから「取引内容確認フォーム」を入力
入力フォームは約5分もあれば記入終了

?本人確認書類送付(メールでOK!)
免許証などをスキャニングしてメール送信(ファクスもOK!)

?審査後、IDが発行される
翌日には口座開設完了のメールが届く

?ID通知書(書留)が自宅に届く
パソコン入力から2日後には書留が到着

?資金を口座に入金
自動売買には、当初10万円以上の入金が必要

?自動売買スタート!

畠山一教さん
トラヴィス・コンサルティング代表取締役

2000年にトリフォ株式会社において、FX事業部の立ち上げに参加。2007年にクリック証券へ入社し、外国為替部長としてFX部門を統括。2009年に独立し、現在に至る。これまでに国内証券会社をはじめ、5000人以上のトレーダーを指導してきた経験がある。





―--
この記事は「WEBネットマネー2012年8月号」に掲載されたものです。