LADY GAGA初の香水「FAME」 世界に先駆け原宿で販売

写真拡大

 LADY GAGA(レディー・ガガ)がプロデュースした初のフレグランス「LADY GAGA FAME(レディー・ガガ フェイム)」が、全世界に先駆けて「東急プラザ 表参道原宿」で販売されることが発表された。楕円形のボトルに入った独創的な漆黒のブラックオーデパルファムは、現在特許出願中だという空気に触れるとクリアになる液体技術によって実現。8月1日に館内にオープンする専門ショップ「LADY GAGA HAUS LABORATORIES(レディー・ガガ ハウス ラボ ラトリーズ)」で展開される。 LADY GAGA初の香水 原宿で先行販売の画像を拡大

 「LADY GAGA FAME」の専門ショップ「LADY GAGA HAUS LABORATORIES」は、「東急プラザ 表参道原宿」のエントランス上部に設置したポップアップスペース「OMOHARA STATION」にオープンする。店内はブラックとゴールドをベースに、インテリアや装飾を細部にまでこだわり、LADY GAGAの"ハウス ラボラトリーズ"を再現。LADY GAGAが「FAMEはダークな心を持った美しい可能性なの」とコメントする「LADY GAGA FAME」の空気に触れるとクリアー(透明)に変化する特性を実際に体感できる他、リトルモンスターのメッセージを公開。また、併設された「OMOHARA Cafe」でオリジナルのドリンクやスウィーツの提供が予定されるなど、五感で楽しめるスペースとなる。 2012年9月に全世界で発売が予定されている「LADY GAGA FAME」は、6月14日に突如本人がSNSを通じて画像をリークしたことで大きな話題となった。ボトルのデザインは、世界的フォトグラファーとして活躍しているNick Knight(ニック・ナイト) とのコラボレーションで制作。広告キャペーンは監督・撮影ともにSteven Klein(スティーブン・クライン)が手がけている。特許出願中の液体技術に加えて、素材が相互に作用し合うことで、それぞれのノートの異なる側面を強調し合うことのできる"プッシュ - プル(押す - 引く)テクノロジー"によって香りを構成。18世紀に美しい女性が使用していたといわれる死に至らしめる毒性のナス科の植物べラドンナにインスパイアされた成分によって、フローラルでフルーティでありながらも独創的な香りとなっている。■LADY GAGA HAUS LABORATORIES期間 : 2012年8月1日(水)~8月31日(金)営業時間:11:00~21:00場所:東急プラザ 表参道原宿3F OMOHARA STATION 内LADY GAGA FAME:レディー・ガガ フェイム オーデパルファム 30ml 4,725円(税込価格) レディー・ガガ フェイム オーデパルファム 50ml 5,985円(税込価格) レディー・ガガ フェイム オーデパルファム 100ml 9,975円(税込価格)