美しさは時間が生む? 女性の約半数が身支度に”1時間30分以上” - シチズン

写真拡大

シチズン時計が提供するWEBマガジン「リアルスケール」編集部はこのほど、全国の男女を対象に、時に関する意識・実態調査、第18回「みんなの身支度事情」を実施した。

「1分でも長く寝ていたい、でも時間が……」、そんな慌ただしい朝の身支度にかける平均時間は60分。

これを男女別で見ると、男性54分、女性70分という結果に。

中でも1時間30分以上かける女性は合計で46.0%と、半数近くにのぼった。

「朝の貴重な時間を有効に使うためにどんな工夫をしているか?」との問いに関して、最も多く寄せられたコメントは、身支度の同時進行。

男性は洗面所での「歯磨き」や「新聞」「ひげそり」など。

女性では「メイクしながらごはん」という回答が目立った。

最も欠かせないと思う身支度について聞くと、男性は「朝食」、女性は「化粧」と男女で差が。

「最短何分で身支度が可能か?」との問いに対する回答で、最短でも「30〜40分程度」「50〜60分程度」かかると答えた人に注目すると、なんと女性が男性の1.5倍にもなる結果に。

女性の約3人に1人は、どんなに急いでも身支度に30分以上かかってしまうようだ。

詳しい結果は、「REAL SCALE WEBサイトANSWERページ」で公開されている。