部屋いっぱいに広がるガンダムの世界 - ホテル グランパシフィック

写真拡大

「ホテル グランパシフィック LE DAIBA(ル・ダイバ)」は、『機動戦士ガンダム』の世界観を表現した日本初のコンセプトルーム「PROJECT ROOM-G(プロジェクト ルームジー)」を6月29日宿泊分から販売している。

さっそく部屋の中を取材してきた。

「ROOM-G スペシャルタイプ」プラン(リビングルームとベッドルーム合計84平方メートル・2名利用時1名2万6,000円〜)は、室内が地球連邦軍カラーのリビングルーム、ジオン公国軍カラーのベッドルームとバスルームに分かれている。

リビングルームはRX-78-2ガンダムが壁面全体にデザインされているほか、なんとコックピットをイメージしたフォトポイントまで用意されている。

また、ベッドルームはザクが窓からのぞいているかのような装飾が施され、こちらも壁一面にシャア・アズナブルの搭乗するモビルスーツがデザインされている。

バスルームでは、シャワールームのパーテーションに劇中の名ゼリフが並ぶ。

同ホテルでは、スペシャルタイプの予約がとれなかった人のために、通常の客室の一部をガンダムアレンジした「ROOM-G スタンダードタイプ」プラン(デラックスタイプ42平方メートル・1室2名利用時、1名1万3,500円〜)も用意している。

スペシャルタイプ、スタンダードタイプ両室ともにスポーツタオル・フェイスタオルがプレゼントされ、バスグッズなどのアメニティ約20品は、宿泊の記念に持ち帰ることができる。

また宿泊には、「ガンダムフロント東京」の入場引換券もセットになっている。

さらにROOM-G限定のスペシャルルームサービスメニューとして、「スレッガー中尉のグランバーガーVer.PROJECT ROOM-G」(2,480円)、「シャー専用ローズヒップティー”赤い彗星”」(800円)、「黒い三連星フロート」(1,000円)も用意されている。

両室ともに、壁面にいくつものイラストボードが飾られていたり、いたるところにガンダム仕様が散りばめられていたりと、細部まで楽しめる。

ガンダムファンにはたまらない滞在になりそうだ。

スペシャルタイプは1日1室、スタンダードタイプは1日2室(7月14日〜9月1日は8室に増室)。

予約はホテル公式サイトから。

スペシャルタイプは年内分がすべて埋まっており、来年1月もほぼ満室、2月と3月もすでに半分ほど予約が入っているという。

スタンダードタイプはまだ余裕があるとのこと (7月10日現在)。

(C)創通・サンライズ