コミケで見かけた「なごみ系コスプレ」で癒やされよう / 心が幸せになるコスプレ写真集

写真拡大

毎日が酷暑! それでも大盛況の同人誌販売イベント『コミックマーケット80』(通称:コミケ)。2011年8月12日の初日は16万人、翌13日は18万人が足を運び、3日間で50万人以上が参加するという。

さまざまな同人サークルや企業が出展しており、レアアイテムが販売されているのだが、毎年工夫をこらした格好で参加するコスプレイヤーにも注目が集まっている。記者(私)も2日目に足を運んだのだが、ユニークなコスプレの数々に目を奪われてしまった。そのなかから思わず微笑んでしまうような和み系のコスプレイヤーたちをご紹介したい。

開催日は3日間とも35度前後の猛暑日が続き、一般参加者もさることながら、出展者・スタッフもうだるような暑さのなかでイベントを盛り上げるのに汗をかいた。

なかでもコスプレ参加者は、野外のコスプレ広場で立ちっぱなし。特に厚手の衣装をまとっている人は、脱ぐわけにもいかないので、大変だったのではないだろうか。それでも、この日のために準備したお気に入りの衣装に身を包み、集まったカメラマンたちのリクエストに笑顔で応えていた。

格好いいコスチュームをまとったコスプレ参加者が、目を引いたのは言うまでもないだろう。カメラマンが集まりすぎてしまって、通行の妨げになることもしばしば。人気があるのも頷けるほどの素晴らしい衣装であったのだが、記者が特に注目したのが、和み系コスプレの参加者だ。

他のコスプレと異なり、思わず微笑んでしまうような衣装には好感が持てた。「ドラえもん」の登場キャラクターであるジャイアンの妹ジャイ子や、人気ゲーム「ファイナルファンタジー8」の主人公の父ラグナなど、一見普通の格好に見えるのだが、かえって目立っていたのである。

作りこまれた美しいコスプレも見応えは十分にあるのだが、和み系コスプレもなかなか面白いものだと感じた次第だ。

写真:Rocketnews24


画像をもっと見る